本と床

そろそろ大掃除の季節です。

皆様はどこから手を付けるでしょうか。

私の場合まず、本棚からあふれにあふれた本たちがどうしても視界に入ります。

積んでまた積みを繰り返し、壁ができかけております。

これをどうにかしないと先に進めないので、次の休みには手を付けたい。

……と考えたところで、ふと『そういえば』と。

ピアノを置く場所の床には、補強が入るのですが。

本を置く場所にも入るのか?と気になりまして。

ちょっと調べてみましたら、ピアノが一台おおよそ200から400キログラム。

一方、本は文庫サイズで一冊平均200グラム、ハードカバーの単行本で平均400グラム程度だそうです。

重さだけでいえば、千冊くらい集めると補強が必要になりそうですね。

世には一冊で何キロある本も存在すると聞きますので、もっと少ない場合もあるでしょう。

千冊、とっても多いようで、ついうっかり集めそうな数でもあります。

荷重のかかり方や構造にもよるでしょうが、自室が書庫になりがちな方は参考になる……かも?

始めました

ブログを開設せよとのお告げを受けたので始めました。

 

いつかワンチャンネコチャンと暮らすことを夢見て日々を綴っていきたいと思います。

 

よろしくお願いします。