静電気

私は帯電体質?とでも言いますか、バチっと来やすいタイプでして。

車からドアノブから、果ては機械類に対してもバチバチしてしまいます。

それも結構な強さで来るので、ちょっと痛いのです。

対策として、先端ではなく面で触れるとよいと聞き、車のドアを手以外を使って閉めてみたこともあります。

結果、人間は二の腕や膝の横からも放電するという知見を得ましたが……。

 

ところで、弊社では社員用のフリースがあり、先日私にも用意していただきました。

早速着ています。

 

……何が起こるかおわかりいただけますでしょうか。

 

精密機械等をうっかり破壊しないことを祈ります……。

 

25

にこにこに、です。

時計など、ふと見た数字がぞろ目やこういう並びだとちょっと嬉しい。

あと3分早ければ完璧でした。

 

25といえば、そろそろ12月25日ですね。

枕元やツリーの下の贈り物を心待ちにしている子供たちも、サンタさんからプレゼントを委託されている親御さんも、よいクリスマスをお過ごしください。

ゆべし

を、いただきました。

しかも二つも! ありがたいことです。

ゆべし、おいしいですよね。昔から好きな食べ物です。

ゴマとか胡桃とかゴマ胡桃とか、どれもおいしい。

漢字で書くと柚餅子だそうです。

柚子を使った餅っぽいお菓子だから、柚餅子。

そして柚子が入っていなくても、柚餅子。

以前、家族で沿岸に行ったときに食べたゆべしがおいしかったんですが、どこのお店だったか忘れてしまいました……また食べたい。

本と床

そろそろ大掃除の季節です。

皆様はどこから手を付けるでしょうか。

私の場合まず、本棚からあふれにあふれた本たちがどうしても視界に入ります。

積んでまた積みを繰り返し、壁ができかけております。

これをどうにかしないと先に進めないので、次の休みには手を付けたい。

……と考えたところで、ふと『そういえば』と。

ピアノを置く場所の床には、補強が入るのですが。

本を置く場所にも入るのか?と気になりまして。

ちょっと調べてみましたら、ピアノが一台おおよそ200から400キログラム。

一方、本は文庫サイズで一冊平均200グラム、ハードカバーの単行本で平均400グラム程度だそうです。

重さだけでいえば、千冊くらい集めると補強が必要になりそうですね。

世には一冊で何キロある本も存在すると聞きますので、もっと少ない場合もあるでしょう。

千冊、とっても多いようで、ついうっかり集めそうな数でもあります。

荷重のかかり方や構造にもよるでしょうが、自室が書庫になりがちな方は参考になる……かも?

始めました

ブログを開設せよとのお告げを受けたので始めました。

 

いつかワンチャンネコチャンと暮らすことを夢見て日々を綴っていきたいと思います。

 

よろしくお願いします。