第4回構造塾に参加しました。

盛岡のアイーナで行われた、構造塾に参加しました。

 

 

後半の地盤講座では、表層改良、柱状改良、鋼管杭など全部ひっくるめて「地盤改良」と言っていたのが違っていたこと、固い地盤がどの深さにあるか、また地域によっても選択される地盤補強方法が違うことなどを改めて確認しました。

 

 

柱状改良では、従来の改良体配置では柱と改良体とのズレが生じるので、軸力を考慮した改良体の配置をすることの大切さを知りました。

 

 

今回で4回目となり、難しいことも分かりやすく講義していただき、毎回、そうなのかと改めて思い知らされる内容となっていて、たいへん勉強になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です