秋のお手入れ教室開催しました。

10月21日土曜日に「秋のお手入れ教室」を開催しました。

 

テーマはふたつ!

 

ひとつは太陽光発電の今後について、パナソニックから伊藤講師をお招きして、プロジェクターを利用しての講義なりました。

 

 

皆さん、10年間の売電制度終わった後はどうなるのか?真剣に耳を傾けていました。

 

早い方であと2年後には10年を迎え、売電価格は確定していないものの、かなり下がる予想とのショッキングなお話しがありました。

 

参加者の中からは、今までの売電で受けた恩恵をつぎにつなげればいい・・・と言う前向きな意見もあり、太陽光発電に対する理解が深く感心しました。

 

ふたつ目は水廻りのお手入れについて、花巻・北上市内の工事をお願いしている㈱ヤエガシの伊藤講師(偶然同じお名前でした)から講義していただきました。

 

現場で起こる問題にいつも向き合っているということもあって、トラブル回避のための知識をいくつも教えていただきました。

 

例えば、最近はエコキュートで40℃前後の温度設定で使うことが多く、サーモスタットの機能が働かなくてもすんでいるので、たまには高温で出してみるなどサーモスタットを働かせることが必要。。。など

 

顔見知りの業者さんということもあり、和気あいあいとした雰囲気の中で参加者皆さんの活発な発言が飛び出した教室となりました。

大槌展示場開館日です。

今年最大の台風接近で雨の大槌展示場です。

 

 

庭のどうだんつつじが赤く色づいて、雨に洗われいっそう鮮やかです。

 

秋ですね・・・さてこの展示場の公開もあと僅かかもしれません!

 

まだ見学されていない方、お急ぎください

 

ぜひ一度ご来場くださいませ。

第4回構造塾に参加しました。

盛岡のアイーナで行われた、構造塾に参加しました。

 

 

後半の地盤講座では、表層改良、柱状改良、鋼管杭など全部ひっくるめて「地盤改良」と言っていたのが違っていたこと、固い地盤がどの深さにあるか、また地域によっても選択される地盤補強方法が違うことなどを改めて確認しました。

 

 

柱状改良では、従来の改良体配置では柱と改良体とのズレが生じるので、軸力を考慮した改良体の配置をすることの大切さを知りました。

 

 

今回で4回目となり、難しいことも分かりやすく講義していただき、毎回、そうなのかと改めて思い知らされる内容となっていて、たいへん勉強になっております。

CASBEE戸建評価員試験に合格しました。

8月30日に行われた、CASBEE戸建評価員試験の結果が届きました。

 

今回の受験者数は25人中、合格者23人、合格率92%で、ほんと!合格して良かったです。

 

かなり特殊な内容のため、マニュアルを熟読しておかないと時間が足りなくなるという状況で、試験は時間ギリギリいっぱい使っての回答でした。

 

どんなことができるか?というと、ひとことでは難しいので、今後、CASBEE戸建評価員として活動した際にはお知らせしていきますね。