奥州市ZEH仕様現場に行きました。

現場確認で奥州市のZEH仕様住宅の建築現場に行きました。

 

今日は大工さん、職人さん誰もいなかったので、自由に見させていただきました。

 

外壁を貼るための通気胴縁がきれいに取り付けられ、外壁を待つばかりとなっていました。

 

 

窓の下部分と通気胴縁の間が空いていていて、中途半端かと思われるかもしれませんが、空気の通り道となるため、なくてはならないすき間なんです。

 

 

中に入ってみると玄関収納に大きな靴収納用の棚が設置されていました。

 

 

これが2面に設置されておりますので、かなりの収納量です。

 

 

リビング、ダイニングは東西南面と3方向の窓がら光が入り、思った以上の明るさです。

 

 

ダイニング側は横長の大きな窓が2方向にあり、視線を遮りつつも充分な採光がとれる形になっています。

 

 

振り返るとキッチンと玄関方向になります。

キッチンから洗面脱衣室、浴室へとまっすぐ通ることができ、玄関、ホール、階段、リビングとぐるりと廻れる動線となっています。

 

 

2階に上がるとまた階段があり、8帖程の小屋裏収納へとつながっています。

 

 

サンルームからバルコニーにへ出るところ、こちらの住宅はZEH仕様で通常より外側の壁厚が厚くなっていて、既成サイズの引違サッシが入らないという事態に・・・FIXと片開きドアの組み合わせとなりましたが、かえって明るくて出入りしやすいかも。。。気密性も増しますね。

 

 

寝室の間接照明・・・そういえばリビングにも間接照明らしきくぼみがありました。

 

いろいろ見どころありで完成が楽しみです。・・・が完成見学会の予定がないので完成したらまた写真でご紹介します。

 

・・・ですが、もし実際に見てみたい・・・という方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。

個別にご案内できるかもしれませんので、検討させていただきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です