情報交流会 東京

8日東京にて研修に参加してきました。

image

そのなかで、新建ハウジングの三浦さんの話は、外から業界を見ている[観察者として]の視点からのお話を聞けて、とても参考になりました。

image

よく言われている、休日家族でとりあえずイオンへ行く。イオニストが増えている。これは家がつまらないから、とりあえず行くというもの。

家は、内装、外観だけではないですからね。もっと休日家族で居て楽しい家づくりを提案していかないといけないな!と思いました。

家は最高のリゾートになる。

image

総括。アキュラホーム宮沢社長。
いつでもお元気です。

南雄三氏公演

7/20に南三陸町でセミナーに参加してきました。
南三陸ホテル観洋にて開催

image

ホテルは名前の通りですね。

今回のテーマは地産地消でしたが、南雄三さんのお話しで印象に残ったものをご紹介します。

住宅技術評論家 南雄三氏
断熱メーカー在職中に住宅産業に精通した経験を生かし、産業全般のジャーナリストとしても活躍中。

image

日本の家は自分勝手
日本の街並みをみると、周りの景観などおかまいなしに、自分勝手にさまざまな家を建てる。
だから家は20年で価値が0になる。
これは建物も長寿命である他に、街並みがきれいで、住宅もある程度統一されて、手入れが行き届いていれば、中古でもそこに住みたいと思う所になる。価値が上がる。

アメリカの庭の芝を一生懸命刈って、手入れしてるのは、しないと近所に怒られるからなんだそうです。
あなたが手入れしないと、この辺の不動産の価値が下がるから、常にきれいにしておいて!と。

戦後日本は、造船などの産業に力を入れて復興してきて、住宅は後回しだった。

戦後ドイツは、住宅産業に力を入れてきた。アパートの大家を募集して建てる。その時のローンは99年ローン!だから家は最低99年はもたなくてはならない。
だからしっかりした住宅が確立されていった。

最近弊社の建築で中古住宅が出ましたが、問い合わせ5、6件ありまして、一番早く問い合わせた方に直ぐに決まりました。
売主様はとても綺麗に家を手入れしていました。建築当時の書類関係も全て揃っていました。
これは、場所だけではなく、建物も、近隣の景観なども影響していたと思います。

岩手山山開き

今日は岩手山の山開き

image

雨模様だったみたいですが。
千田工務店登山部も来月岩手山に登るようです。

ブログがリニューアルです。

2016年6月13日より千田工務店ホームページ内のブログへリニューアルです。
こちらでも宜しくお願いします。

image

最近盛岡動物公園のアルパカに赤ちゃんが産まれたようですね。