安心できる住宅ローンとは?

国土交通省は3月に、民間金融機関を対象にした29年度の住宅ローンの実態調査の結果を公表。

前年に比べ、借換え向けが10.1ポイント増加。中古住宅向けが、0.6ポイント増加。一方、新築向けは10.7ポイント減となった。

ここ5年間の推移をみても変動金利型を選ぶ人が多数派。景気の先行きが不透明で、人生100年時代が現実的となった今、返済額が確定しない変動金利型のリスクを考えることも必要。

変動金利を選択する人の多くは、金利が上がったところで固定に切り替えればいいと考える。しかし借換えのタイミングを見極めるのは専門家でも難しい、更に多忙な暮らしのなかで金利動向をチェックし、借換えを行うのはハードルが高い。

各金融機関の変動金利型住宅ローンはコスト割れ寸前とも言われており、これ以上金利が下がる余地がない。
こうしたことから全期間固定金利型のメリットをもう一度見直してもいいのかもしれないですね。(住宅あんしんニュースより)

一度借りてしまうと今の金利が何%か?と言うのはあまりチェックしないですからね。
先日お施主様からご依頼があり、シミュレーションした結果、借換えメリットが約65万円という結果が出ました。3桁になる方もいらっしゃいますが、65万円を高いと思うか、面倒だからそのままでいいやと思うか。
リフォームやメンテナンスにまわせる金額が増えるので、是非一度考えてみるといいかもしれませんね!

只今千田工務店では5月3日~6日まで無料設計相談会を開催しております。
新築はもちろん、中古住宅、リフォームやリノベーションに関する相談も行っておりますので是非お越しくださいませ。
中古住宅リノベーション済みの物件もご案内できます。​

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)