伝統は受け継がれる

滝沢にて空調セミナーに参加してきました。

前先生のお話。

暖房は体を加熱することではない。日本の伝統的な民家は気密、断熱は考えられていなかった。暑い夏をいかに快適に過ごすか。

そのため冬の寒さは最終的に体の一部を炙る事でなんとかしのいだ。

気密性の高い家だと煙くて過ごせない。

冷気は下から入ってくる(床下)。室内の暖房で暖められ、上に上っていく、気球と一緒。気密性がないから上から抜けていく。

このような伝統的な民家は受け継がれた。見た目が変わっても中身はそんなに変わらない。意外と多いと思います。
その多くのストックは、今後、住宅選びの選択肢の中に入ってくると思います。
新築という選択をしない数が増える。
そんな住宅を選んだとしても、快適に過ごせる住宅に、断熱、気密を付加し、断熱リフォームする。間取りや内装まで変えて、その家の価値を上げるリノベーションする。もうひとつの選択が有ります。

温熱環境は大事。
新築以外の選択肢の中にも、健康に暮らせる住宅を選びましょう。

かんそう

​一関国際ハーフマラソン10kmの部に参加しました。マラソン初参加の素人ですが、なんとか完走できました。
色々ありまして練習無しのぶっつけ本番。ダイエットでマラソン始めた友人に、「さすがにその歳でぶっつけ本番はあれですよ。」と言われました。​

大会スタッフの運営や、沿道の応援してくださっていた方々の優しさに感謝でした。こっちはその応援に応える余裕がなく、ひどい顔で、申し訳なく思って走っておりました(笑)
初めての大会が一関国際ハーフマラソン大会で良かったな。と言うのが感想です。
とてもいい思い出になりました。

看板設置しました

次回開催予定の見学会会場の様子です。

二世帯住宅です。


ガレージ、倉庫、作業場も。
ご期待ください。​