12月になりましたので

社内もクリスマスモードへ。

 

入口ではだらけたサンタたちがお出迎え。

 

さりげなくHappy Pocketの宣伝もしたりして。お正月飾り、楽しそう…。

 

こちらはツリーの装飾部隊。

 

左「HSB的にはもう少しサチュレーションを増した方が個人的には好みですが」

右「まあオーナメントは。でも木が強いから抑えてもいいかもですね。配色的にはオポーネントっぽいから丁度いいかと」

…なんて会話が交わされているかどうかはわかりませんが…。

 

社内は準備万端の12月です。

2020年カレンダー

今年も残すところ3ヵ月。

まだ残暑はあるものの、時間はいつもと同じように進んでいるわけでして。

 

そのような中、いよいよ来年のカレンダーが届きました。毎年お配りしておりますが、今年も欲しい方いらっしゃいましたらぜひお声がけ下さい。

 

来年は子年。

椅子づくり

…と言っても、イベントがあるわけでもなく、自分が作るでもなく、人が組み立てているのを眺めてるだけという(笑)。

 

会社の椅子の新調(一部の人のみ)に伴い、自分で組み立て中のお嬢ふたりです。

ボルト締めの箇所が多く、意外に疲れている模様。

少しでも職人さんの気持ちを理解しようと頑張っている(?)ようです。

 

座り心地よさそうな椅子でいいなぁ。

クリスマスモード

いよいよ師走です。2018年もあと1ヵ月を切りました。

そして、街は華やかなイルミネーションに彩られる季節。

弊社のウェルカムボードも毎年恒例のピカピカモードに変身です。

 

夜になると美しいですよ。

社屋屋根外壁塗り替え工事~最終回

9月20日頃に完了した弊社社屋の屋根外壁塗り替え工事。大変遅くなりましたが、外観の変化のご報告です。

劇的にビフォーからアフターへと変化するあの番組の音楽を脳内再生しながらご覧下さい。

 

<屋根>

👇

そもそもの色が何色だったのかよくわからないくらいまで、汚れが付着していました。そりゃ十余年もノーメンテナンスならそうなります。洗浄して汚れを除去した後、キレイなグレーに模様替え。

 

<外壁>

👇

今一つ統一感のなかった外観から、明るさが引き立つ白とライトグレーのツートンカラーに。シンボリックな神殿柱も塗り直し、より印象が際立ちます。

 

<全体>

👇

陽光が当たると、違いはより明確に。そして左側の会社看板もLED化にリニューアル。こうして見るとかなり違いますよね。

 

外壁や屋根の塗装は、家のメンテナンスとして必要不可欠なものです。とは言え、簡単に「じゃあやろうか」という金額でもありません。ですから、タイミング・業者選定・作業内容(質)といったところをしっかり吟味して行いたいものです。

 

安いところに頼みたくなるのが人の常ですが、労働安全衛生法に基づく安全対策を講じたり、質の高い材料や職人の手配を行ったりと、ご満足頂ける工事をしっかりと行うにはどうしてもお金がかかってしまいます。それを踏まえた上で、どこに工事を依頼するのが長期的に得なのか、満足できるのか、そもそもその業者は信頼できるのか、ご検討頂くのが良いと思います。

 

検討中だけど、どこに声を掛けたらいいかわからないという方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社にご相談下さい。

社屋屋根外壁塗り替え工事⑥

少し間が空いてしまいました。

9月19日に足場を外しまして、外観を見ることができるようになりました。しかし、これで完了というわけではなく、下屋と水切り部分の塗装が残っておりました(この部分は足場を外してからじゃないとできなかったのです)。

 

塗装前

👇

塗装後

 

陰になっていてよくわかりませんが、光沢がまるで違うことはお分かり頂けるかと。

 

 

というわけで、9月26日に塗装工事は完了致しました。実働では3週間くらいの期間ですね。ご来社頂いた皆さん、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。

 

次回、外観の写真を載せます。いい天気の時に撮りたいので、タイミング待ちです(笑)。

社屋屋根外壁塗り替え工事⑤

先週末から月曜日にかけても雨模様。

塗装工事は雨が天敵なのです。工程に余裕を持たせておいて良かった。

 

<9月11日(火) 金属系外壁下塗り>

雨が上がり、水曜日の会社定休日に上塗りが出来るよう、下塗りを急ぎます。

 

<9月12日(水) 金属系外壁上塗り>

これまでのいかにも金属色というものから、マイルドに変わっております。

 

そして神殿柱も。真っ白に生き返りました。

 

<9月13日(木) 一部雨樋設置及び仕上工事>

塗装の大きな部分は終了。あとは細かな所の作業になります。塗装の関係で後回しにしていた雨樋を付けてもらいます。

白が映えます。

 

ここは1階下屋部分になりますが、こちらは屋根足場を外してから行います。

徐々に全貌が見えてきました。

 

 

社屋屋根外壁塗り替え工事④

先週後半は天候不良で何もできず。

それだけではなく、週末には超強力台風21号のニュースが。岩手県には火曜水曜辺りに最接近ということで、空模様を窺いながらの週明け作業となりました。

 

<9月3日(月) 外壁下塗り>

 

<9月4日(火) 軒天貼替及び外壁下塗り・一部上塗り>

台風21号がこの日の夜に最接近ということで、いつ雨が降り始めるか、時間との勝負になりました。

古い軒天を剥がして、新しい軒天材をつけます。それだけでも印象はガラリと変わるんですよね。

 

外壁は鮮やかな白に。この後に2回目の上塗り。

 

平成もまもなく終わろうという時代ですが、塗装工事は昔と同じく地道な作業です。そして、台風が運び込む南風で蒸し暑さが…。

 

<9月5日(水) 外壁上塗り及びスノーキング取付>

台風は猛スピードで列島を駆け上がっていきまして、朝には陽射しが見えるくらいまで回復。会社が定休日なので、この日一気に作業を進めます。

 

屋根にはスノーキング(雪止めネット)が付けられました。冬場の巨大つららが解消できますように。

 

2階部分。真っ白のレンガ調が地中海っぽいですね。これが全体でどう見えるか楽しみです。

 

軒天もキレイになりました。

 

この後は金属系外壁の塗装作業に移ります。

社屋屋根外壁塗り替え工事③

今週は天候に翻弄されてしまった一週間になりました。

 

<8月27日(月) 屋根下塗り及びシーリング>

<8月28日(火) 屋根上塗り>

キレイなグレーの屋根になりました。

 

と、来たところで週の後半は連日雨模様となり、なかなか作業が進まなくなってしまいました。

 

そろそろ、外壁の塗装を始めたいところですが。どうなる台風!?

社屋屋根外装塗り替え工事②

<8月23日(木) 屋根洗浄及び雨樋撤去>

足場の設置が終わり、早速翌日から洗浄作業です。

しっかり汚れを落とさないと、塗り替え後の仕上がりや耐久性に支障をきたすので、丁寧な作業が求められます。

 

これが十余年の汚れです…。

 

洗浄前と洗浄後ではこれだけ色が違います。

 

屋根の洗浄が終わった午後、今度は破損した雨樋の撤去作業です。

 

 

スッキリ。

 

<8月24日(金) 外壁洗浄及びシーリング剥がし>

屋根の次は外壁洗浄ですが、金曜日は天候不順の為、あまり進みませんでした。その分、シーリングの剥離が少しできたので、全体的にはまずまずです。

ちなみにシーリングというのは、外装材と外装材の間に充填されてある弾性の保護材のことです。これが劣化すると、硬化してひび割れや隙間が生じて、雨水の侵入につながる場合があるので、外装の塗り替えの際には併せて工事して頂くのがおススメです。

来週は天候落ち着けばいいんですけどね。