花壇を整える

我が家の庭の話です。

 

前回のブログでお伝えした通り、芝を張る前に花壇を整える必要がありました。

再度現状を確認。

この通り、縦のラインがガタガタ。

横も写真だとわかりづらいですが、しっかり水平を取ったわけではありませんでした。

 

さて、今回はただ単に花壇をキレイにするだけではなく、

①花壇のブロックを固定

②芝と花壇の間の防草処理

という2点も同時に解決したかったんですね。

で、色々考えた結果、花壇と芝の間にモルタルを塗ってしまうのはどうだろう、という考えに至りまして、先週の水曜、あのやたら暑かった日に取り掛かったわけです。

 

まず最初は、花壇のブロックをしっかりそろえることから。

ここを基準点にしますので、土を掘り起こして平らにします。

ちなみにその作業中の写真を撮るのを忘れました。

 

これは基準となる円弧ブロックを置いて、それに続く平ブロックを置いた時の様子です。このように、今回はしっかり水平をとります。

 

それを繰り返していくと…

花壇の左のラインが設置し直した方です。右のラインとは違いますね。

 

水平もとっています。写真だと斜めになっているように見えますけど、それは撮り方が悪いだけです(笑)。

 

今回は、芝を張る前段階の工程としてやっているので、擁壁側のブロックはやりません。それは芝を張り終わった後にゆっくりやります。

 

ブロックを敷き直したらいよいよモルタルを作ります。

ちなみに10時から庭作業を開始して、この段階で既に15時。翌日から雨模様というのは分かっていたので、本当はもっと早くモルタル塗りたかったんですけどね。

というわけで、ここから大急ぎの作業になった為、写真は撮ってません。あしからず。

 

ところで、「そもそもモルタルって何?」という方もいらっしゃるかと思うので、ご説明。モルタルはセメントと砂と水の混合物で、乾燥すると固まるのでよくタタキ部分だったり、基礎の表面の仕上げとして使われてます。なお、みなさんご存知のコンクリートは、セメントと砂と砂利と水の混合物なので、親戚みたいなものですね。砂利が含まれているか否かで変わります。

 

今回使うのはこれ。

通常だと説明の通り、セメントと砂を配合してそこに水を加えていく、という手順になりますが、この商品はこれに水を加えるだけでモルタルになっちゃうという優れものです。

 

ただ、意外に甘く見ていたのが、その混ぜる作業。バケツにこのホームコンを入れ水を加えていきますが、水を加えると凝固が進むわけです。ということは攪拌するにも結構な力仕事になります。しかも、しっかり早く攪拌しないとダマになったり固まっちゃうので、休めません。この時ばかりは左官屋さんの攪拌機が欲しくてたまらなくなります。

 

しっかり混ぜたら、あとはドバドバっと入れていきます。

そしてコテで均すとこんな感じに。ここは固まったら白砂利を敷き詰めるので、表面が多少汚くてもいいのです。

途中仕切りのような石を置いてあるのは、排水を考えてのものです。全部モルタルにすると水の逃げ場がなくなるので、何ヵ所か溝状に土の部分を残しておきます。

 

そして、木曜・金曜と大雨になりまして、段ボールで養生していたのですが、今朝(日曜日です)塗って以来初めて状況の確認。

まあ汚いけど、しっかり固まっていたのでこれでいいのです。ブロックはしっかり固定されてましたし、雑草も防げるかなと。目的は達せられるかなと。

 

本来は塗った後72時間は雨にあたらないように的なことが説明書きにあったのですが、早くやらないと芝張りのタイミングが遅くなってしまう為、水曜日に強行しました。慌てなくていい方は天候を見定めたうえで、作業して頂いた方がよろしいかと思います。

 

あと地面に刺して使うガーデンライトを設置する方は、モルタルと共に固めてしまわないよう気を付けて下さい。取れなくなります。

今回私がとったやり方は、ライトを刺した状態でモルタルを流し込んで、少し経ったらそれを抜くというもの。あまり遅いと固まるので気を付けて頂きたいのと、抜いた後はライトの柄をしっかり水で洗って下さい。下から3枚目の画像はライトを抜いた後の画像ですね。

今は何もなくてもいずれ何かを設置したいなという場合は、それを見越して、モルタルを塗った方がいいと思います。

 

さ、次はいよいよ芝張り(のはず)です。

そろそろやらなくちゃ

私にとって、ゴールデンウィークと言えば、我が家の庭づくりです。

ようやく芝張り3ヵ年計画のラストイヤーを迎えまして、意気揚々と芝を張ろうかと思ったんですが、よく考えたらその前に花壇の形を整えなければいけないことに気付きました。

 

奥にある細長いのがそれなんですが、一切固定してないので、とにかく見苦しい状態です。これを固定しないことには芝の範囲も決められないので、まずはこちらから手をかけることに。

 

どのようにするかはまた次回。

金利動向の読み

私が家を建てた当時、長期優良住宅の場合フラット35Sでは1%の金利優遇がありました。その期間がまもなく終わるので住宅ローンの借り換えを検討している今日この頃です。

 

そのような中、弊社社員のブログの一つ『きまぐれにっき』内で住宅ローンのことを取り上げてましたので、便乗して(笑)今回のブログです。

 

 

皆様ご存知の通り、住宅ローンには固定金利型と変動金利型があります(厳密に言えばもっと細分化されますが、話を分かりやすくするために今回はざっくりと)。

 

固定金利型のメリットは、支払額が一定なので資金計画が立てやすいことと、今後金利が高くなってもその影響を受けにくいこと等が挙げられます。

一方、変動金利型のメリットは、一般的に固定金利型よりも金利が低いので当面の支払額が抑えられること、更新時に今よりも金利が低くなった場合その恩恵を受けやすいこと等と言えます。

では、この低金利時代、どちらを選んだ方が正解か、というのが皆さん気になるところでしょうが、もし正解があるのであれば、住宅ローンはその正解となる1種類だけが利用されることになるはずです。

 

ちなみに皆さんならどちらが得だと思いますか?

①この低金利時代に35年間分の金利を固定してしまう

②変動金利にして、今のうちにより多くの元本を支払ってしまう

 

私はどちらも得だよな、と感じてしまいます。これは人それぞれ考え方によりますよね。金利も今後どうなるかわからないわけで「正解はこっち」と簡単に言える問題ではないわけです。

 

で、実はここからが本題。固定と変動どっちが得か、という話は各々考えがあっていいのですが、金利の説明を受ける中でどうしても納得がいかない一言があります。それは「今は変動金利にして、金利が上がったら固定に変えましょう」というもの。

これは、私自身がかつて金融関係の仕事をしていたから余計に感じることなんですが、『金利が上がったら』ってどの時点で誰が判断するの? と思うわけです。

 

例えば…0.8%の変動金利でローンを借りたとします。

金利がこのような推移を見せていたとします(実線が過去、破線が未来だと考えて下さい)。ちょっと上昇基調にも見えます。では、あなたなら現時点1.3%の時点で固定に切り替えますか?

もし、上昇の矢印のように1.7%まで上がって、その辺りで今後推移していくとしたら、その選択は正解と言えるでしょう。但し、逆の矢印のように0.9%まで下がったとしたら、0.8%という低金利をわざわざ捨てて1.3%で借り換えをしてしまったわけです。

あなたはどちらに推移すると思いますか? 『金利が上がった』と自分で判断するということは、この問いに対する答えを持つことと同義です。

 

実際には、このケース、おそらくほとんどの方は見送るでしょう。そして、この悩みは1.3%時点でも2%時点でも同じことです。同じどころか金利が上昇すればするほど借り換えに憶病になっていきます。なぜかというと『損を確定させる』気分になるからです。

 

どうでしょう、『金利が上がった』と言える時点を自分で判断することができますか?

これは金融のプロでも断言は難しいことです。もし簡単に未来の値動きが読めるのであれば、みんな株や債券、FXなどで利益を簡単に上げられるはずなんです。『上がりきったところ』『下がりきったところ』で売買すればいいだけですから。

 

私個人としては、変動金利はせっかく金利が低いのですから、金利動向云々よりも、しっかりその間お金を貯めて、繰り上げ返済にまわすのが一番いいやり方ではないかなと思います。元本が少なければ多少金利が上がっても影響は少なくなりますから。

 

長々と書きましたが、「今は変動金利にして、金利が上がったら固定に変えましょう」という説明はちょっと無責任だよね、ということが言いたい今回でした。

ピンク⇒緑

もう5月です。

今年の桜はあっという間に見頃が終わってしまった感があります。皆様はちゃんと花見できましたか?

 

今日はお客様のところへお伺いすべく大船渡方面へ参りました。

快晴の空の下、新緑の木々が映える素晴らしいドライブ日和ですね。そういった景色を見ると癒されます。

 

いい天気だぁ。

 

カメラにあるジオラマ風撮影モードで撮ってみました。ジオラマっぽく見えます?

パカッといきました

会社前の桜。

昨日は定休日なので見ていないのですが、今日出勤したらご覧の通り。一昨日はまだ赤みを帯びた程度だったんですが、昨日今日の暖かさで一気にきましたね。

 

 

今週末は絶好の花見日和になりそうです。ぜひ、弊社の見学会でいい家を見た後に、いい宴を催し下さい。

今年も会社前の桜の様子

暖かい日が続いて一気に桜の開花に進むのかなと思いきや、数日間寒の戻りが続いて、まさに一進一退の桜状況。

 

本日の会社前の桜の様子です。

つぼみがふくらんでいて、暖かい日がくるとパカッといきそうです。

まもなくですね。

シーズン開幕

と言っても、スポーツではなく我が家の庭づくりの話です。

 

一気に雪解けが進み、我が家の庭からも雪の姿は見えなくなりました。ここ数日気温も高いので、庭づくりへのモチベーションも上昇。

花苗を調達し取り掛かります。

 

【やったこと① 花苗の植え替え】

 

これまでジューンベリーの周りに植えていた植物たちを家屋北側に移植。

ジューンベリーの育ちが悪いのは、養分が行き渡らないからではないか、という家主(私)の猜疑心により(笑)、離れ離れに。

でもこっちはこっちで全く色がなかったところなので、ここでカラフルなスペースを演出してくれることを期待しています。

 

 

【やったこと② 芝刈り】

 

冬の間(正確に言うと昨秋初め頃…)から放置していた芝生。しっかり刈りました。

ただ、この芝生の際(きわ)のところ。芝刈り機が届かないので毎度こんな状態に。だから地道に手で刈ってたんです。今までは。

 

芝生の世話を再開するにあたり、色々とネットで調べていたところ、「これは使える」と評判のアイテムがあったので、ホームセンターで買ってみました。

これです。芝生用のバリカン。

これ、実際使ってみると、ものすご~~く使えます。

さっきの気になる際も

白砂利のところに刈りくずがたまって写真だとよくわかりませんが、見違えるほどきれいになったんです。

 

 

これはジューンベリーエリア。周囲が盛り上がりカルデラのようになっている芝。

カットしてスッキリ。

 

もちろんこのような際だけでなく、芝がキレイに刈り揃ってないところにも使えますので、非常に優れもの。

そして、できるならコードレス、充電式のバリカンにした方がストレスフリーでおススメです。

 

 

【やったこと③ ブルーベリーの地植え】

 

去年頂いたブルーベリーの苗。結構な育ちようだったので早いうちに植え替えしたかったんですが、この時期が最適らしかったので、ここまで粘りました。

同系の異品種と一緒に植えると実付きが良くなるということだったので、ハイブッシュ系のデニスブルーという品種を添えました。ただ、問題は元の苗の品種がわからないという…(笑)。この地域だからハイブッシュ系だろうということと、あまりデニスブルーという品種がメジャーじゃないみたいなので、これではないだろうという、完全なる憶測で地植えスタートです(笑)。

 

 

【やったこと④ バラの地植え】

 

一昨日嫁が頂いてきたバラを早速植えてみました。

場所はここに決定。サツキの花壇の手前側です。ここは庭への入口になる場所でして、ここに色味が欲しいと思ったのと、もしバラがすくすく育つようならアーチもありだな、という理由からここにしました。

バラは右奥の一苗だけですが、元気に育ってくれることを祈ります。

 

 

今年は芝張り3ヵ年計画のラストイヤーなので、いよいよ庭の骨格が出来上がります。今年頑張れば芝張りしなくて済むので、しっかりやろうと思います。

(庭づくりは好きなんですが、芝張りは大変なので、しばらくはやりたくありません(笑)。昨年も書きましたが、造る過程に楽しみが見出せない方は業者さんに依頼することを強くお勧めします)

24時間換気のフィルター交換

さて、久しぶりにネット上お手入れ教室です。

 

年末、我が家で大掃除をしていた中でもちろん24時間換気も掃除をしたのですが、フィルターがかなり×10汚れていたので、フィルターを買って交換することにしました。皆様のご家庭でもいつか必ず通る道ですので、ぜひご参考までに。

 

なお、我が家は平成25年5月に引渡しを受けていますので、まもなく5年になります。24時間換気は1Fと2Fに1台ずつありますが、今回交換するのは汚れがひどかった1Fのみです。2Fはきれいでしたので、またいずれ。

 

1F洗面脱衣室の本体。やはり主たる生活空間にある換気システムは汚れが早いです。

 

蓋を開けるとこんな感じ。ちなみに弊社の場合、24時間換気は建てられた年代によって形状が異なります。おそらく築5,6年より最近のお宅であれば、ここでご紹介するものと同様の形状かと思います。

 

この部分を取ります。これは下の画像の留め具で留められているだけなので、手で簡単に外せます。

 

 

……。ひどい…。

 

新旧フィルターの比較。……。まあ、これぐらい汚れを吸っていてくれていたということです。ごめんよ、フィルター。

 

フィルター部分は上にスライドするだけで簡単に取れます。あとはきれいな新品に交換。

 

枠に『素子側』と書いてますので、フィルターの『素子側』と合わせるようにして下さい。

こんな風に。

 

あとは逆の順序で付けるだけです。

換気システムはあまり気が回らない箇所ですが、室内環境を整える最も根本の場所です。汚れたら早いうちに交換することをお勧めします。フィルターをお求めの方は弊社までご連絡下さいね。

 

そして、今週の土曜日、24日に、本物の(笑)お手入れ教室を開催致します。まだ受付可能ですので、ぜひご参加下さい。詳しくはこちら

土日はダブルイベント

17日(土)、18(日)は弊社でリノベーション見学会を行います。

詳しくはこちらまで。

 

それと同時に、北上総合体育館では㈱北洲さん主催のグッドリビングショーが開催されます。最新の住宅設備の展示や、各種イベント盛りだくさんでとても楽しめるでイベントです。そちらの工務店ブースエリアに弊社のブースもありますので、ぜひ足をお運び下さい。

 

弊社のコーディネーターが何やら作業中です。イベント準備ですね。

住みよい暮らしを続けるために

3月1日、盛岡のタカヤアリーナ(アイスアリーナ)で行われた講習に参加してきました。

 

第一部は、『省エネ住宅トラブル』についての講義。

最近は、ZEH(ゼロエネルギー住宅)を中心とした省エネルギー住宅がメインコンテンツになろうとしています。住宅取得者と施工業者との間で、省エネ住宅に対する考え方が同じであればいいのですが、その食い違いからトラブルに発展することも少なくありません。

簡単な例を挙げると、「ゼロエネルギー住宅ってことは光熱費ゼロ?」という考え方。これはイコールではありません。光熱費はプランや時間帯によって変動するものなので、必ずしもエネルギー消費と連動しているわけではないんですね。

でも、消費者からすれば、一見すると同じ意味と受け取る方も少なくないのではないでしょうか。このようなことを施工会社がしっかり説明をしないと、すれ違いが起こってしまいます。

上では簡単な例を挙げましたが、住んでからの快適性や住まい方など、建築前に共有しておくべき事柄は多岐に渡ります。そこをより明確にできるかどうか、というのも施工業者に課せられた命題です。

 

第二部は『地盤リスク』についての講義。

例えば耐震等級3という最高レベルの耐震性を有した建物は、絶対に地震の被害が無いかというと、そうではありません。地盤が軟弱であれば、沈下や倒壊の恐れがあります。いくら上物が頑丈でも土台が緩くては意味がないのです。

それは住宅などの建物に限っての話ではありません。意外に盲点となるのが擁壁です。元々田んぼだった場所や盛土部分の擁壁設置は特に気を付ける必要があります。ですから擁壁を検討される方は、その箇所の地盤調査をすることをおすすめします。もちろん出費はかさみますが、将来何かあった時の負担はその数十から数百倍になりますので。

…という講義でした。

 

将来に渡って住みよい暮らしを提供するために、説明と会話を重ね、お施主様とゴール地点を明確にするということが如何に大事か、ということを再認識させられた日でした。