第3回マナーアップ研修

昨日(10月25日)、協力業者さんと共にマナーアップ研修を行いました。

 

マナーアップ研修とは、お施主様に対して、また現場の近隣の方々に対して、好感を持って頂けるような対応とはどのようなものか、というのを学ぶものです。

前回のマナーアップ研修は3年前なので久しぶりの開催です。この間に新しく加わって頂いた業者さんや、3年前には入社していなかった弊社の社員もおりますので、新鮮な顔触れになりました。

 

各々の業者さんが現場でどのような工夫をしているのか、お施主様に喜んで頂けるような現場をどう作り上げているのか、また、逆に改善が必要な点など、を共有していきました。

 

また、外部講師として、アドバンス建築企画事務所の橋本先生にお越し頂き、これからの建築業界で求められるものとは何なのか、非常にわかりやすくご講演頂きました。

 

その後半では、グループディスカッションも行われまして、異業種の職人さんが色々な意見を出し合って、活発な議論となりました。

 

前に出ての発表。このような機会はあまりないので、緊張される方も。

どのグループも非常に前向きな意見が出ておりました。

 

一般的には『現場は汚い』『職人は怖い』というイメージが強いと思います。世の中にはイメージではなく実際その通りの現場があるのは、何とも残念なことではありますが、弊社の職人さんに怖い人はいませんし、キレイな現場にしようと努力を重ねています。とは言え、現場の関係者じゃない方がそれを感じるのはとても難しいことなので、工務店の我々が発信していかねば、と強く思いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)