敷地境界の大切さ

たまには宅地建物取引士らしい話もしようかと(笑)。

 

皆さん、こういうの見たことありますか?

ここで言う『こういうの』とは、画像真ん中あたりの矢印のプレートのことです。これは敷地の境界を表す境界プレートというものです。

 

敷地の境界を表すものとしては、このようなプレートの他にも、境界杭、境界鋲など色々あるのですが、いずれにせよ、境界がどこに存在しているかを表示する大切なものなんです。

 

ただ、世の中の境界という境界全てにこれがあるかというと、そうでもないんです。日本全土で言えば、むしろ無いケースの方が圧倒的に多いと思います。

分譲地や建物を新築したばかりの土地は有るケースが多いんですが、それ以外の農地や原野、山林などはまずないと思っていいと思います。

 

もちろん全てについて存在するのが理想なのは間違いないところですが、なくても困らないケースも多いですし、広大な土地に設置しようものなら測量に多額の費用がかかってしまいます。なので、その辺は必要に応じて、ということになるんですね。

 

但し、宅地は別です。特に宅地と宅地が接している場合、境界が明確でないとトラブルに発展する可能性があります。よくあるパターンとしては、

・フェンスや塀を設置しようとする場合

・土地を売買する場合

・建築物を建築する場合

・所有者が変わった場合

などに、問題が表面化しやすいです。

 

まずは、フェンスや塀を設置する場合。当たり前のことですが、フェンスや塀は厚みがありますので、その外側が境界の内側に収まっていないといけません。しかし境界はこの辺だろうと思って設置したら、その外側が相手の敷地に入り込んでいたということがあります。隣の方からすると、フェンス等の設置で境界を意識する状態になるわけですから、急にシビアになるわけです。

 

また、土地を売買する場合や建築計画を伴う場合はおのずと境界を明示する必要が出てくるので、隣地の方も境界を意識することになります。

 

あとは所有者が変わった場合。こじれやすいのは実はこのパターンでして、上記のようなケースは仲介業者や建築業者を挟むので、まだ客観的な対応ができるのですが、相続や贈与という場合には注意が必要です。親同士は口約束や暗黙の了解で何の問題もなかったものが、両者相続等が発生して、子同士が所有者になった途端に境界争いが勃発するということも珍しいことではありません。なので、現状はお互いの信頼関係で成り立っている場合でも、書面を交わして明確にしておくことが未来に対しての責任を果たす、と言えるのではないかと思います。

 

最後に注意点を一つ。せっかく境界が明示されていたのにフェンスや塀を建てた結果、それが見えなくなった、或いは除去されてしまった、という悲しい事象もあります。外構工事の際にはくれぐれもそういったことが起こらないよう業者さんと話しておいて下さい(ほとんどの業者さんはしっかりしていますが、中にはそういう業者さんもいますので…)。

北洲グッドリビングショー

先週は吉田産業さんの建材フェアがありましたが、この土日は北洲さんの建材フェアが北上総合体育館で行われております。

 

朝は雲が広がっておりましたが、回復すればいいですね。

 

北上でこのくらいの規模の建材フェアは唯一なので、ありがたいことです。

 

オープニングアクトは専大北上吹奏楽部の皆さんの演奏。

 

 

メジャーなメーカーさんはみな参加されています。

 

ついにどこでもドアが実用化?

 

IHを使った料理の試食コーナーもあります。

 

お菓子発見。もらえたりするんでしょうか? そこは未確認なので、皆さん現地にてご確認お願い致します。

 

この大アリーナとは別に、小アリーナでは工務店ブースが多数出展されておりまして、弊社も出展しております。ぜひ、探してみて下さい。

YS住まいの創造展バスツアー

3月10日、『「蓄電シスターズ」と行く! ちくちくでんでん なぜ?なに?バスツアー』と題し、吉田産業さんご協力の元、同社主催の【2019住まいの創造展】と繋温泉を巡るバスツアーを行いました。

蓄電シスターズではないですが、今回私も同行させて頂くことになりました。私自身にとっては久々のバスツアーです。

 

参加者はOB施主ご家族様を中心に32名。皆様、時間通りにお集り頂き、定刻通りに北上を出発します。

で、あっという間に滝沢市のアピオに到着。

 

蛍光イエローの鮮やかなブルゾンに身を包んだ吉田産業スタッフの皆様にお出迎えを頂きました。

 

その後、館内を見学……とはならず、まずは当バスツアー参加者の為だけの蓄電池特別セミナーに参加します。

講師の方の軽妙なトークに皆さん引き込まれた様子でした。

 

約30分のセミナー後、ようやく館内の見学できるな、と思ったところ、会議室からすぐ出た所がせんべい汁のお振る舞いコーナー。ここでせんべい汁の誘惑に負ける方多数(笑)。もちろん私もその一人。大変おいしく頂きました。

 

今回の【住まいの創造展】は2エリアに分かれており、第2会場はPanasonic 1社の展示。さながらPanasonic館のようなものでした。先程のセミナー会場がこちらだったので、先に第2会場から見学。

 

第2会場のエントランス。

 

Panasonicの高級感というかシックさで統一された空間でした、

 

やはり創蓄連系に目が行きます。

 

 

岩手山を左手に見ながらメイン会場へ移動。

 

こちらがメインエントランス。

 

入ってすぐは外装材エリア。

 

2F席から全体を見渡した画です。やっぱり規模が大きいですね。

 

YKK APの窓辺のマドレーヌちゃんです。

個人的には、去りゆく後ろ姿が愛おしいのです(笑)。

 

このような、いわゆる『建材フェア』というのはメーカーの住宅設備しかないように思われる方もいらっしゃるかと思いますが、このようなものもあります。

欄間(らんま)です。襖(ふすま)の上にあるアレです。

 

一方、こちらはステンドグラスなどの加工ガラス。

あと、フェアによっては、大黒柱等の銘木展示もあるところもあります。こういうのが意外にハマるんですよね。

 

 

 

たっぷり見学した後は、昼食&温泉です。

場所を愛真館に移し、舌鼓を打ちます。

 

この後は、温泉でゆっくり、帰りのバス車内でもゆっくり。

おかげ様で定刻よりも早く北上に到着となりました。

 

参加して頂いた皆様、ありがとうございました。またのご参加をお待ちしております。

 

また、ご協賛頂きました吉田産業さんにもあらためて御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

ちくちく?

最近少しづつ春めいてきたように感じます。

まだまだ寒の戻りもあるでしょうが、気分が晴れやかになっていきますね。

 

さ、まもなく3月です。3月と言えば…

バスツアー!

 

にしても、ちくちく? でんでん?

フルハーネス特別教育

建設業は日本の全産業の中でも労働災害が多い職種です。

平成29年の統計では、死傷者数でみると製造業に次ぐ業種なのですが、死亡者数となると全体の3割以上という数字になります。即ち、どの産業よりも死亡割合が高い業種ということです。

 

私たちが携わっているような戸建て住宅は低層住宅と言われていますが、低層だから危険度が低いということは全くなく、むしろ高層建築よりも安全対策が整備されていないために労働災害が絶えない状況になっています。

その為、安全に関する法令の改正が絶え間なく行われており、建設業に携わる者は個人業態も含め、それを順守することが求められるわけです。

 

で、今回の話題です。これまで墜落防止用器具として安全帯を使用することが多かったんですが、法令の改正でフルハーネス型の墜落制止用器具の使用が原則義務化となり、更にフルハーネス型の使用は特別教育の対象となりました。

そこで、特別教育未受講の職人さんを対象に、1月29日に建災防の講師の方をお呼びして特別教育を実施しました。

 

朝9時から16時半まで長丁場の研修です。

 

実際にフルハーネスを着用してみます。意外と苦戦するんですよね。

 

せっかくフルハーネスを着用してもしっかりフックを使用しなければ意味がありません。そこもしっかり実践します。

 

現場の安全は誰かが一手に担うものではなく、現場管理者(元請)が安全体制を整えた上で、現場の職人さんがそれを実施しなければ安全は確保できません。

現場に関わる人全員でその意識を共有して、安全向上に努めていかなければいけませんね。

エクステリアセミナー@滝沢

昨日(1月24日)、YKK apさん主催のエクステリアセミナーにお邪魔してきました。

 

場所はビッグルーフ滝沢。

前を通ったことは何度かありましたが、中に入るのは今回が初めて。キレイな建物ですし、色々併設されて楽しそうなところでした。

 

今回はエクステリアの提案を専門になさっている先生のお話でした。

住宅を新築する場合、建物にお金をかけて、外構はいずれ…というパターンがほとんどかと思います。でも、例えれば、エクステリアは装飾品や服みたいなもの。エクステリアのない住宅は、服を着ないで歩く人間のようなものです。

そして、なぜここにこれを付けるのか。「理由」と「役割」を明確にしたエクステリア計画が必要だ…というお話でした。

 

その後、数々の事例を見ながら解説頂きましたが、それを見るとやはりエクステリアはいいなぁと思います。

今はメーカーさんから色々な部材が出ているので、希望を叶えやすくなってきた良い時代なのだそうです。

これから色々な提案が出来るように勉強していかなければ、と強く感じたセミナーでした。

鉛筆の贈り物

OBのお施主様のお宅にお伺いしたら、かわいい娘さんからプレゼント頂きました。

 

折り紙で鉛筆。上手ですね。時々このようなお子様手作りのプレゼントを頂くんですが、とても嬉しい気持ちになります。

 

M様ありがとうございます。

 

第8回安全大会

1月10日、毎年1月に開催している安全大会を行いました。

安全大会とは、弊社の協力業者さんが一堂に会し、年初めに安全について理解を深める催しです。

 

 

午前中は、安全衛生吉田事務所の吉田先生による安全対策の講義でした。

昨今の労災事故の状況や、弊社現場の改善すべき点など様々ご講義頂いて、参加者の皆さんも真剣な面持ちで聞いていました。

 

午後は弊社の及川による講義。

書いたり話したり、参加者同士コミュニケーションを取りながらの講義でした。

 

安全衛生のDVDを見た後は、ピンピンコロリで有名な星旦二先生の講演でした。

ユーモアたっぷりにお話し頂いて会場を笑いに包みながらも、大切なことを沢山お話し頂いて、参加者の皆さんも大変参考になったのではないかと思います。

 

今年一年、これまで以上に『安全』を意識して仕事していきたいと思った安全大会でした。

年始の恒例行事

年末年始に現場・会社・倉庫に飾っていたしめ飾りを、伊勢神社さんにお納めしてきました。

例年、境内に足を踏み入れると、心までシャキッとする寒さだったと思うんですが、今年は暖かいですね(だからと言って今年はシャキッとしてないわけではないです)。

 

雪も少ないですよね。で、神楽殿に大きな絵馬が。

 

天照大御神を中心に素戔嗚命や大国主命などが描かれていました。

 

今年も一年宜しくお願い致します。

 

駐車場脇の参拝殿の入口、おみくじがある一角にスマホ・カメラ台が。神社さんはこういった参拝客のサービスって進んでいるような気がします。見習わないとですね。

2019新春初うりフェア<最終日>

本日『新春初うりフェア』の最終日です。

 

今日の工作教室は『キラキラスノードーム』。

夏の工作イベント『ハピポケふぇすてばる』で大人気のコーナーです。

 

パーツを見るだけでも、ワクワクした気分になりますね。

 

好きなパーツを組み合わせて、好きなキラキラを舞わせて、自分だけのオリジナルスノードームを作りましょう。

数に限りがありますので、お早めにお越し下さいね。特に、冬休みの宿題がまだの方はぜひぜひ。

 

おしるこのお振る舞いもありますよ。