ZEHに補助金が出ます

ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)に再度国から補助金が出ることになったので、その説明会に行ってきました。

事業名称が普及促進から「普及加速」に変更になっていました。国は相当の意気込みでZEHを広めたいようですね。

興味のある方は是非!お問い合わせください。ここでその意味は伝えきれませんので。

写真はそのテキストの表紙です。

img_5334

みまもっています

電柱の上に着いてる四角いもの、実はカメラです。遠隔から現場を見守ることができるように、当社では現場にカメラを設置しています。

タブレットでもスマホでも観ることができるので、遠方の現場でも状況が画像で把握できるので、とても助かっています。

もしも、不法侵入者があっても動体を感知して、自動録画できる優れものです。なのでいたずら防止にも役立っているんです。

img_4162

お引き渡し

10月21日晴れの午後、お引き渡しができました。

梅雨に工事が始まったため雨で工事が延び、また外壁のタイルの入荷が遅れ、仕上げ工事も遅れたことから、予定より一か月も遅いお引き渡しになりました。お施主様にはご迷惑をおかけしましたが、温かい家に何とか、お許しをいただきました。

床下に埋め込まれたエアコン。家を足元から温めます。足元が温かいと、少量の熱量で体は温まるのですよ~。

img_5010

床下からの空気の流れを作る床換気口。

img_5011

エアコンの上に置いたテレビ台。手作りです。この中下にエアコンがあります。

img_5013

南面に大きな開口部を設けました。冬は日射を室内に入れ床を温め、室温を上昇させます。

img_5028

 

茶臼岳に登って来ました

10月16日当社山岳部は八幡平から茶臼岳ツアーに行って来ました!紅葉に日本晴れ!正に当たり日でした。

アスピーテライン。入口朝8時に渋滞です。

八幡平山頂駐車場から鳥海山が観えます。

dsc_0202-1

茶臼岳はたぶん八幡平で一番眺望のいい山です。岩手山から八幡平までの山々を一度に望めます。

dsc_0203-1

茶臼岳山頂。岩手山、早池峰、姫神山がを一度に観ることができました。

dsc_0219-1

八幡平山頂にバスで戻り、皆でランチをした後、松川温泉に入り体を癒し、帰路へ。

家に着いたのは午後5時。いい秋の一日でした。

テレビ台

いよいよ工事も終盤、、、造作工事に入っています。これはテレビ台です。これからサイズ調整がありますが、こんな感じかな…と置いてみました。この下にエアコンが入るんですよ~

さてこの現場、8・9・10日の三日間に渡り完成見学会を行います。床下エアコンに興味のある方は、是非いらしてくださいね。

外壁工事

フラット板を貼り終えると今度はタイルを貼っていきます。

曲がらないように隅を出し、丁寧に貼っていきます。中に浮いた隅出し糸が見えますか?サイディングとは貼り方が、タイルの場合は全然違いますね。

img_4512

img_4511

外壁の下地が終わりました

フラット板を貼り終わりました。

これからタイル工事に入っていくんですよ!

img_4440

 

外壁工事

外壁工事が始まりましたよ~。タイル仕上りなので、フラット板を下地として貼っていくんです。

しれにしても空の色が、すっかり秋ですね~

img_4394

エアコン一台で…ではありません

「エアコン一台で全館冷暖房するのですか?」という問い合わせがありました。
一台でという工務店さんもありますが、私は一台で快適な冷暖房ができるとは考えていません。なので、ここでは合計二台のエアコンを使います。
というのも、夏の冷房使用時は床下をエアコンで冷やすと不快な温熱環境を造ってしまうからです。「頭寒脚温」というように、頭は冷やし脚は暖めるのが人間の健康の原則です。床下あるいは床面を冷やすとこの原則に反することになりますし、冷気は重いため床下に滞留します。エアコンというエアコンが冷房時は上方に冷気を吹き出すのはそのためなんです。
従って、この家では床下エアコンは“原則”冬の暖房時のみに使います。ですので、夏季の冷房用のエアコンがLDKの壁にもう一台付きます。

ただし、夏季でも床下エアコンを使うときがあります。床下の除湿をする場合ですね。換気の意味もあります。この時は「除湿」ではなく、「暖房」で行うんですよ!
この穴にエアコンが治まります。

IMG_4305

熱交換システム

いよいよ24時間熱交換換気システムが付きました。

一階天井に入れましたが、大きく重くて大変でした。ヨーロッパや北米ですと、これを専用の部屋に置くのですが、日本の住宅は狭いので、このように天井に入れることになりますね。しかし、人は92%室内で過ごします。ですので、これは人間にとって大切な機械になります。従って、メンテナンスもしてやらなくてならないものです。こうした意味からも、専用の部屋とは言わないまでも、メンテナンスしやすいようにクローゼットやパントリの中に入れてやりたいものです。