食べ物にこだわっています vol.3

H30.6.1の「トレーサビリティー野菜」について、友人から「意味あるの?」「(値段が)高いでしょ?」と尋ねられました。よくぞ聞いてくれた!という気持ちです。

「トレーサビリティー」についてはwebで調べていただくとして、私は大いに意味があると考えているから、高価であってもあえて購入しています。このことは、健康のために、というよりはむしろ「購入するという行為」自体に意味があると考えています。

野菜に限らずトレーサ商品を購入するということは、これを応援する意味があります。すなわちいつかはトレーサが主流になってくれることを期待しているから、高価でも購入しているのです。

もしも将来トレーサが主流になれば、生産者は消費者則に立った生産をせねばならなくなるため、現在のような安値を無理やり捻りだす不当(※1)な生産と販売は姿を消していくでしょう。もちろんそうなれば商品の価格は高くなりますが、高くなるのではなく、今までの価格が安過ぎだったと私達消費者は気が付くはずです。

「購入するという行為自体に意味がある」とは、安値生産、安値販売を抑制する効果がある、ということなのです。

私を含め多くの消費者は、出来るだけ安いものを購入しようとしますが、そうした消費行為が、実は社会全体に歪を作り、不利益として、めぐりめぐって自分に返ってくる、というこに理解が進めば、高価ではなく対価だと考え得るものになるのです。

なぜかドレッシングから少々ダークな話に発展してきましたが、この話は次回で閉めますので、次回も我慢して読んでくださいね。

※1:「不当」とは広義な意味だし、人によって意味は異なりますが、ここでは私は①(食用の)薬品の多使用、②不均衡(アンフェアな)賃金による労働、③環境に負荷を掛けるもの、だと考えています。

↓トレーサビリティー木材

H30.6.15

食べ物にこだわっています Vol.2

フェアトレードという言葉をご存知でしょうか。

意味はwebで調べていただくとして、私は時々その活動を応援する目的で、フェアートレード商品を買っています。岩手県内のスーパーではほぼ置いていないので、もっぱら通販で買っています。私の購入金額などは大海の一滴なのですが、その一滴が集まれば、いつかは大海になると想い地道に買って食しています。一般の輸入品より値段は高いのですが、私はその大儀に意味を感じ喜んで対価を払っています。

日曜の午後を穏やかに過ごすために、フェアトレードコーヒーを淹れています。今年初のアイスコーヒーです。

H30.6.10

食べ物にこだわっています

私には食べないと決めている食べ物がいくつかあるのですが、市販のマーガリン・マヨネーズ・ドレッシング・ポテトチップスの四つがその代表です。何故って、これらには薬品が沢山使われているので、私の健康には良くないものだからです。

ですので、ドレッシングなどは自分で作るのでですが、意外に簡単に作ってしまいます。

先ずは、サラダにりんご酢を少々かけ、次にオリーブオイル、ヒハツ、石垣の塩、最後にバジルをかけ、完成です。実は市販のドレッシングも薬品を除けばだいたいこんなもので構成されいるんですよ。

できればボールにこれらを入れシャカシャカして、サラダにかければいいのですが、作る量が一人分ですから、こんな感じでぶっかけでいいのです(笑)

ところで、ここに出てくるものはバジルを除けば、すべてオーガニック食品で、野菜に至ってはトレーサビリティー野菜なんです。けっこう高価なのですが、こだわりがあるので、私は喜んでこれらに対価を払っています。

↓バジルを除いて他はオーガニックです

↓有機リンゴ酢(岐阜産)

↓エキストラバージンオリーブオイル(クロアチア産)

↓ヒハツ(インド産)

↓岩塩(石垣産)

↓バジル(どこ産だかわかりません(~_~;))

↓完成です。しかも野菜はトレーサビリティー野菜です。

H30.6.1

 

 

本当は家具職人になりたかっただいくさん

この家には縦格子が着くのですが、実は綺麗に床から天井までの縦格子って作るのすごく難しいんです。

最初、お客様からのデザインの要望を聞いたときには「厳しいだろうなー」と思ったのですが、この棟梁(Fさん)ならできると思い担当にしました。すると見事に床に全体ホゾを堀り、そこに格子を嵌めました。

床に直接格子を建てる納まりは、巾木でその隙間を隠せないので、ホゾを作りそこに格子を刺すしかないのですが、月日が経ち、格子が乾燥し短くなると床から格子が浮き、隙間が見えてかっこ悪くなります。なので下の写真のように、全体ホゾを床に彫ったのです。ここに格子を建てれば、隙間は見えなくなるのです。

しかしに、この技はそう簡単ではありません。Fさんだからできたのです。実はFさんは、家具職人になりかったそうで、細かい作業が好きなのです。手先が器用なのです。

さてさて、大工工事もそろそろ終盤です…

付加断熱材とタイベックの関係

以前にもお問い合わせに答える形で、付加断熱材とタイベック(透湿防水シート)の位置関係を話したことがありますが、写真をもって改めて説明させていただきます。

柱と柱の間にグラスウールが入り次にその外側にフェノール系の付加断熱材を貼ります。ピンク色のものがそれですが、そしてその外側、即ち一番外側にタイベックを貼ります。

タイベックは壁内の湿気を外に逃がしてやるのが役目ですから、ここがベストではなく、ここ(一番外側)に貼るのが鉄則ということになります。

他社で時々見かけるのですが、もしも、グラスウールと付加断熱材の間にタイベックが来るとなると、結露等の湿気は逃げ道を失い、壁内で悪さをするであろうと思われます。

壁内の湿気の結露の逃がし方は、家の寿命を左右する重要な手法ですので、よくよく勉強されてください!これから家を建てる方は!

↓タイベックを貼り終わると外壁を張っていきます。

H30.5.18

ZEHの実績報告を国交省へ提出しました

毎年度初めにZEHビルダー登録をしている工務店は国交省へ昨年度のZEHの実績を報告する決まりになっているため、昨日その報告書を郵送しました。

当社の昨年の目標値(一年間に新築で建てる全棟数におけるZEH棟数の割合)は20%で、実績は19%でした。1%僅かに及びませんでしたが、ほぼ満たしたといっていい数値です。これは10人中2名のお施主様がZEHを建てたことになりので、数年前に比べれば飛躍的に数値が伸びたと言えます。

数年前までは「そもそも家もCO2を排出すもの」、「家にも(車と同様に)燃費がある」、「暖かい家は健康にもいい」という、基本説明から入らなければならなかったのですが、最近はここは既にクリアーされたお客様が来店されます。数値の伸びはこの周知度にあると思っています。

さて、この提出した実績は国交省の出先機関からweb上で公表されるのですが、なぜにこのような実績報告を国交省は工務店にさせるのでしょうか… それは次回に書こうと思っています。

↓実績報告書の一部です

H30.2.27

綺麗に見えることが大切です

当社のグラスウール充填後の画像です。綺麗に見えますよね。グラスウールは隙間なく入れることがその性能を発揮するうえで重要な要素になります。隙間なくまた平滑に入れることでこのように綺麗に仕上がるのです。

手前味噌で恐れ入るのですが、当社の大工さんは本当に綺麗に充填しますね~。

H30.4.20

ハーブティーはブレンドがお勧め

日曜のゆっくりとした午後… 健康のために「ヘラディブ」というのハーブティーを時々飲むのですが、これがそんに実は美味しくないんです。なのでこれには私はルイボスティーをブレンドして飲みますね~。1:2ですから、正直ブレンドではなくルイボスストレートに近いのですが、それだけきつめの味がヘラディブはします。

ミント、カモミール、レモングラスなどのよく聞くハーブティーはストレートでも美味しいものばかりですが、ハーブティーにも沢山種類があって、しかし、良薬に限って苦いと同じで、ハーブティーも健康思考のものはあまり美味しくないので工夫が必要なんです~。

H30.4.15

長期優良住宅仕様ですよ~の嘘

長期優良住宅に対するよくある問い合わせの中で、一番多いのが「長期優良住宅仕様ですから(認定を取らなくても)大丈夫ですよ~」と他社に説明されたのですが…という問い合わせです。

もちろんこれは間違いであり嘘に他なりません。こうした説明をするビルダーさんは「耐震性能において壁量を1.5倍(建築基準法の必要壁量(地震の揺れに対抗しようとする壁のこと)の1.5倍の壁の強さ持っている)にしているから、耐震等級3と同等なので大丈夫」という考えを持っているようです。しかし、これは知識不足にからくる間違いです。長期優良住宅や性能評価をしたことのない工務店さんが陥りがちな間違いです。

耐震等級3は確かに壁量が1.5倍以上であることが求められます。しかし、加えて水平構面の耐震性能(2階の床の地震に対する強さ)も評価されて初めて「3」が認定されるのです。ここを知らないビルダーさんが「(壁量を1.5倍にしているから)長期優良住宅と同等仕様ですから大丈夫ですよ~」と言うのです。

下の動画をご覧ください。これは同じ壁量を持っているけれども水平構面の設計がされているものとされていないものの比較です。説明の余地はありません。住むならどっちがいいですか?

長期優良住宅の認定があって初めて長期優良住宅は長期優良住宅になるのです。

H30.4.6

ZEHの現場が始まりました

今日から約3ケ月に渡って、ZEHの現場のリポートをお届けします。言っときますが自称ZEHではなく、国の証明を得た本物のZEHですからね~。

H30.3.30