H29 ZEH支援事業説明会

さてさていよいよ今日は平成29年度、ZEH支援事業の説明会に行ってきました!

「こんなゼロエネルギーハウスを作ったら補助金を出しますよ~」という説明会です。もう毎年何度も参加していますが、これまでとは違い今年はハードルを下げましたので、たくさんゼロエネルギーハウスを建ててくださいね~。という感じを受けました。

昨年度(H28)は当社ではこの支援事業を受けた棟数は2棟でした。しかしにして、既に今年は4月で予約が1棟、着工待ちが1棟、昨年と同数になっているのは、驚きですね。

咲きました

今年は数日開花が遅いようです。

会社の前の今朝の桜です。三分咲きかな~あ。

美しい基礎配筋

10年が経ちました。この会社に入って…

数社の建築会社を経験した私が思うことは、当社は「基礎が誰にも負けない」すごい基礎だということ。これはとても重要なことです。何故って、断熱材もサッシもメーカーから買う”品”です。従って、これれらで工務店に差は出ません。どれを買うかが問題になるだけです。しかし、基礎はそうはいきません。人が作る”もの”ですから。人が現場で手作業で作り上げるものですので、技術の差が如実に出るのです。

手前みそですが、是非当社の基礎現場を見にいらしてください。検査員が「美しい」といいます。私も何かの創造作品ではないかと思うことがあります。

三連落花生

四つ葉のクローバーより貴重かも!三連落花生を今日食べましたよーう。

さーて、宝くじでも買おうかな(^^)

こんな偶然があるんです

社員旅行最終日、宿泊しているホテルで有名歌手のイベントがあったのですが…それがたまたま偶然今日が私の誕生日でして、突然「Happy birthday…masami」とその歌手が歌うではありませんか、、、

当社社長が従業員の誕生日を忘れるはずはなく、旅行中なにかあるとは思っていましたが、こんな計らいがあるとは、本当にビックリでした。

その有名歌手と写真を撮らせていただきました。

断熱性能は大工さんの腕次第

下の写真の箇所は、実は大工さんの腕の見せ所なんです。

付加断熱を行う場合でその外壁にこのように屋根が載るケースでは、透湿防水シートと屋根材の下に来るアスファルトルーフィングとタルキ掛けが複雑に交錯しながら成り立ちます。

複雑であるがゆえに、正確に間違いなく施工しなければ 、せっかくの付加断熱が死んでしまいます。高性能な断熱材と高性能な透湿防水シートを使っても、その構成が間違っていれば、意味をなさいないということですね。

高級食材をふんだんに使ったからといって、料理が美味しくなるとは限らないですよね。

この写真は当社の今年二件目の奥州のZEHの現場です。これからはZEHが普通になっていきますから、大工さんの腕の見せ所が増えるんでしょうね。

安全大会

年に一度の当社の安全大会に、Dotプロジェクト事務局長の長土居正弘さんを講師としてお迎えし、最後の幕で温熱環境の講義をしていただきました。
「なぜ高性能住宅を求めるのか」それは「健康のため」というお話しでしたが、地域経済を絡めたエネルギー全般に至る話もあり、その奥深さに改めて感心させられた60分でありました。

 

窓を遊ぼう

窓というと引き違いの大きな普通のサッシを思い浮かべますよね。けれどもあえてこんなに小さくした家があるんです。

 

img_5614

大きくて太陽の光がさんさんとふりそそぐのもいいですが、結局はレースのカーテンをして遮光しますよね。サッシの大きさは実は家の中の熱を逃がす逃がさないを左右する重要な部材になりますので、必要によって種類と大きさには十分な注意が必要です。

この家では最小限の面積で、形をスクエアにして、配置を散りばめました。窓のデザインは楽しみながらしましょう。

img_5615

ZEHに補助金が出ます

ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)に再度国から補助金が出ることになったので、その説明会に行ってきました。

事業名称が普及促進から「普及加速」に変更になっていました。国は相当の意気込みでZEHを広めたいようですね。

興味のある方は是非!お問い合わせください。ここでその意味は伝えきれませんので。

写真はそのテキストの表紙です。

img_5334

みまもっています

電柱の上に着いてる四角いもの、実はカメラです。遠隔から現場を見守ることができるように、当社では現場にカメラを設置しています。

タブレットでもスマホでも観ることができるので、遠方の現場でも状況が画像で把握できるので、とても助かっています。

もしも、不法侵入者があっても動体を感知して、自動録画できる優れものです。なのでいたずら防止にも役立っているんです。

img_4162