トリプルサッシ

ヨーロッパの数か国では、2030にはエンジンだけの車が走れなくなることは既に皆さんご存じのことと思います。これは先進的な話のように聞こえますが、実は住宅を含む建築物に比べるとずいぶん遅れていることなのです。

住宅では15年以上も前に基準が決めれら、「エネルギーを一定基準より使う住宅には住めない」という厳格な決まりを設けた国さえあります。

我が国についていえば、車にはそうした基準はなく、住宅にあっては平成32年(2020)から基準は出来るもの、それはかなり甘い基準になっています。

しかし、最近の国の動き、発表等をみると、その基準は次第に厳しくなっていくと予想できるものになっています。

家は30年以上使います。よって今の基準で家を建てるのは、ある意味ナンセンスだろうと思うのです。車は買い替えできますからね、住宅と同列で考えてはいけません。30年以上未来の性能基準を予想し、建てるなら建てるべきなのです。

そこで、一番簡単に家のエネルギー性能を上げる方法が、サッシをトリプルサッシにすることです。他にも方法はありますが、手っ取り早いのがこれなのです。

H29.9.1

リノベーションという選択

ここは沿岸の現場です。平屋です…

最近平屋を選ぶ方が増えています。家族の形は時代によって変化していくもの。家族の人数が少なくなれば、家は小さくなります。当然の変化です。平屋にして小屋裏を上手に使えば、建築費用が抑えられますね。子供部屋の天井高さははなにもリビングと同じでなくてもいいのです。観念は時々思い込みの時があります。これを固定観念といいますね。多くは過去を継承しているだけのことがあります。

とすれば、新築からリノベーションにシフトするという選択も増えるのでしょう。

いやいや、秋も知らずにやってくるのですね。

 

雨押え、着いていますか?

雨押えっていう部材、ご存じですか?

これは、屋根と外壁の間に着く部材です。雨が外壁に染み上がっていくことを防ぐ目的で着けるのですが、着いていない家がたくさんありますね…見ていると。外壁を長持ちさせるという意味で、これは重要な役目を持つ部材です。

貴殿のお家に、着いていますか?

屋根と外壁の間に水平にスーと伸びている部材が「雨押え」です。

H29.6.26

基礎は基礎です

基礎について最近問い合わせが増えています。先日の投稿のせいでしょうか。

今日は当社の基礎をお見せします。これから家を建てようとしている方、是非他社と比較してみてください。

人通口の補強筋

人通口を上から見たところ

人通口全景

 

今日は人通口の補強筋をお見せしました。

これだけの補強筋、入っていますか…

なんでも基礎大事、基礎こそ家の基礎なのです。

H29.6.10

 

 

グラスウールっていいの

先日、新築を計画しているという方から「グラスウールっていいのか」という問い合わせをいただきました。

ポリスチレンフォーム系、発泡ウレタン系、フェノール系、グラスウール、セルロズ系、グラスウールなどがありますが、この中でグラスウールが一番いいと考えて、当社では使っています。

その理由は、水分に影響されずに水分を外気に容易に出せるという特徴があるからです。セルローズもほぼ同じ特徴を持ちますが、水分をもしも大量に含んでしまうと、乾燥に時間がかかるということを考慮すると、グラスウールが勝っていると考えています。

「絶対に水分を含むことがない施工ができる」なら、グラスウール以外の断熱材もいいのですが、なんせ水は思わぬいたずらをしますので…

詳しくは http://chidacom.exblog.jp/12156521/ に行ってくださいね。

下は当社の現場の写真です。

H29.6.3

長期優良住宅っていいの?

ゴールデンウイーク期間中に数点、私のブログに問い合わせがありました。その一つに「認定長期優良住宅っていいですか?」というものがありました。

当社ではすでに150軒程度の長期優良住宅を建てています。その経験から言いますが、いいに決まっています。当社の建築士が設計した設計図面を役所に提出する前に、第三が数項目に渡ってチェックし、合格のハンを押すというのが長期優良住宅です。

こまごま説明をすると長くなりますし、ネットで十分に調べられますので、ここでは除きます。ただ、ネットでわかり難いのが「耐震」ですので、簡単にこれについ言わせてもらうと、熊本地震において、構造について「計算された住宅が残った」という報告が上がっています。長期優良住宅ではこの部分がしっかりされるのです。

あとは、来社をお願いします…

H29 ZEH支援事業説明会

さてさていよいよ今日は平成29年度、ZEH支援事業の説明会に行ってきました!

「こんなゼロエネルギーハウスを作ったら補助金を出しますよ~」という説明会です。もう毎年何度も参加していますが、これまでとは違い今年はハードルを下げましたので、たくさんゼロエネルギーハウスを建ててくださいね~。という感じを受けました。

昨年度(H28)は当社ではこの支援事業を受けた棟数は2棟でした。しかしにして、既に今年は4月で予約が1棟、着工待ちが1棟、昨年と同数になっているのは、驚きですね。

咲きました

今年は数日開花が遅いようです。

会社の前の今朝の桜です。三分咲きかな~あ。

美しい基礎配筋

10年が経ちました。この会社に入って…

数社の建築会社を経験した私が思うことは、当社は「基礎が誰にも負けない」すごい基礎だということ。これはとても重要なことです。何故って、断熱材もサッシもメーカーから買う”品”です。従って、これれらで工務店に差は出ません。どれを買うかが問題になるだけです。しかし、基礎はそうはいきません。人が作る”もの”ですから。人が現場で手作業で作り上げるものですので、技術の差が如実に出るのです。

手前みそですが、是非当社の基礎現場を見にいらしてください。検査員が「美しい」といいます。私も何かの創造作品ではないかと思うことがあります。