24時間熱交換型換気システム

24時間換気システムについて問い合わせがありました。「どのようなもか。これから建てる家には海外製が付くのですが、それとどう違うのか」というものでしたが、すでに床下に埋め込んでいるので、残念ながら工事が終わるとシステムをお見せすることは不可能です。下の写真は本体上部の一部が点検口からわずかに見えているところです。

24時間熱交換型換気システムには、空気の熱とその中に含まれている湿気の熱とを室内に戻す全熱タイプと、空気のみの熱を室内に戻し湿度は外に排出する(除湿する)顕熱タイプとの二種類があります。日本製は全熱タイプで、海外製は顕熱タイプ、と分けられるのですが、日本の場合、エアコンが普及しているので全熱タイプが妥当だと思います(エアコンには除湿機能があるため)。顕熱タイプは除湿機能部分があるために、本体が大きくなります。従って小さな日本の家には不向きだし、エアコンで除湿するなら、24時間熱交換換気システムに除湿機能はいらないだろう…という考えです。

その海外製はドイツ製かカナダ製だと思いますが、いずれも本体は大きく、収納スペース等を一ヶ所それのために潰すことになります。ただ、本体は目線位置に付くのでメンテナンスが楽であること、空気を送る菅の口径が日本製より太く、流量が多いというメリットがあり、それぞれ一長一短があるといえます。

日本では全熱タイプが妥当だと書きましたが、それぞれの特徴がどう自身に合っているかよく考え勉強され、選ばれることをお勧めします。

今日で北上O様邸のグログを終了しますので、好評だった照明を最後にお見せします。

H29.9.14

プレ公開します ここもトリプルサッシです

今週末の9、10日と完成見学会がありますが、少しだけ、その画像を公開しますね。おしゃれな内観なので、公開前に見せたく、担当監督としてはなったのです。会社には秘密ですよ~う(笑)

ご覧のとおりトリプルサッシです。

 

 

人は92%室内にいる

意外と思うかもしれませんが「人は92%室内にいる」のです。この数値はヨーロッパのデータですが、そのためヨーロッパでは、住宅の設備として24時間換熱交換気換気システムはとても重要な地位を持っています。我が国のそれは55型クラスの大型テレビになっていますが…

92%も室内にいるなら、その空気はとても大切な要素を持っているわけで、とりわけ健康への関りは非常に大きいので、ヨーロッパ各社は競って高性能のものを出しています。これについて詳しくは後日として、これから家を建てる方は、有効換気量率90%以上、DCモーター、のものを選んでくださいね。

本体を取り付けています

パイプの断面です

こんなパイプが家中を走り回っています

※この24時間換気システムは当社の標準設備ではありません

H29.8.4

 

餅巻き

私が経験した上棟式で一番多くの拾い人が集まった、すごい上棟式でした。800個のお餅が3分でなくなりました。これも過去最短のような気がします。

実は当社の協力業者の板金屋社長が当社で家を建てるのです。工程はまだまだ続きます。いいお家になるように、祈るばかりです。いやいや、祈ってはいけない、担当監督ですから!(^^)!

H29.7.19