世界遺産「縄文杉」に逢って来ました #2/3

宿の部屋に付いてる冷蔵庫の音がうるさくてよく眠れなかった…感じがした9月3日早朝4時に起床。5時に出発。バスで荒川登山口まで移動。6時半縄文杉に向かって出発しました。

初めはこんなトロッコ道を歩きます。実は今もトロッコが走っているそうです。

屋久杉の株。写っている方はツアーガイドさんです。このように、古い屋久杉は株の中に空洞があるのです。

最初の杉が老いて倒れ、その上にまた杉が生息する、ということが数千年のスパンで続くから空洞が作られるのだそうです。

下の写真その説明が記された絵です。なんとなく分かりますか?

トロッコ道の終わりにある「ウィソン株」の中から空を撮影しました。この株も悠久の時の流れの中でできた偶然の産物なのです。

95パーセント森林を歩くのでが、時々橋を渡ります。その時に視界が開けます。東北の山の風景とは少し違っていました。

屋久島で二番目に大きな屋久杉、仁王杉です。こんな巨大な杉が沢山あるのです。

コースの途中、見上げると空は見えません。これだけ背の高い(20m位)杉が生い茂っていると、空比率は下がります。鬱蒼としています。それともはや雲の中なのです。ここは標高は1200程度です。

歩き出して5時間正午前、いよいよ世界遺産「縄文杉」に出会いました。

まさに感動の一瞬。疲れなど感じる感覚は鈍化してしまいました。

木を守るために根本までは行けず、30m程下がった台場からの見学。

写真中央が台場です。この右に30mに縄文杉があります。

縄文杉で30分程度過ごしたあと下山。

屋久島らしく帰りは途中から雨が降り出しカッパを着ましたが、これも屋久島土産と前向きに考えられる程度の小雨でした。

夕方四時半、荒川登山口に到着。出発から10時間後のことでした。やったー!と笑顔になれる達成感がありました。結構な疲れはありましたが、気持ち良いい疲労感でしたよ~。山登り特有の!

宿に戻り思いっきりごちそうを食べたことはいうまでもありません(笑)

H29.10.15

 

 

世界遺産「縄文杉」に逢って来ました #1/3

9月1日~4日に掛けて登山部三名は、屋久島の世界遺産「縄文杉」に会って来ました。

往復22kmを10時間歩き通しのトレッキング登山。ハードなルートでしたが、縄文杉のみならず、屋久島全体の雄大な自然に感動した、ものすごく素晴らしい旅でしたよ~。

9/1東京で前泊。9/2朝、鹿鹿児島空港入り

このプロペラ機で鹿児島から屋久島まで飛びました。

屋久島空港

 

屋久島に着いてレンタカーを借り、先ずは地元の魚が食えるレストランへ!

魚丼です。魚が違いますから岩手では味わうことのできない味でしたよ~う!

腹ごしらえ完了!いざ出発!屋久島は車で一周1時間程度の島。なので今日のプログラムは島周遊観光。

最初は「ガジュマル公園」見学。島の東側に位置します。写真はそのガジュマルの木です。空気中の水分も吸って生きる木だそうです。ここまで南に来ると、自然の様子が岩手とは少し違います。

写っているのは一緒に行った専務と営業の佐々木さん。「一月の内35日雨が降る」と云われる屋久島でこの天気。晴れ女が二人ですからね(^^)晴れるはずです。

島の北西側は美しい海岸線でした。写真奥は種子島です。

更に西に進むと道は狭くなり、人気がなくなる代わりにたくさんの野生動物が道端でくつろいでいて、さらに動物の鳴き声がして、まるでミニアフリカみたいな感じがしましたよ~う。ニホンザルと鹿。ぜんぜん逃げないんです。

落差88m、島の西南に位置する大川の滝 日本の滝100選の一つだそうです。小さな島なのに、どこからこの大量の水が流れてくるのでろう~、という印象を持ちました。それだけ雨が降るのですね。屋久島は。

島の南にある有名なジェラート屋さん「そらうみ」で一時休憩。お茶、杉、塩、かんたん、など島特有の食材を使ったジェラート。私はお茶、かんたん、塩のミックスにしました。

「そらうみ」は宿の近く。ここで屋久島を反時計回りに一周したことになります。屋久島初日(9/2)はここまで。

このあとはレンタカーを返し宿に入り、明日のトレッキングに備え、ワクワクしながらも早く床にはいりました…が

H29.9.30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホットがいいかな?

コーヒーとお茶は私がいれるのが、我が家族のルールです。つーよりも、私以外がいれるそれは美味しくないので、私が入れています。

そんなルールはどうあれ、アイスコーヒーがふさわしくない、寒いお盆休みです。基礎断熱のお施主さまは、この夏は床下エアコンの暖房運転が必要ですよ。

H29.8.15

 

茶臼岳に登って来ました

10月16日当社山岳部は八幡平から茶臼岳ツアーに行って来ました!紅葉に日本晴れ!正に当たり日でした。

アスピーテライン。入口朝8時に渋滞です。

八幡平山頂駐車場から鳥海山が観えます。

dsc_0202-1

茶臼岳はたぶん八幡平で一番眺望のいい山です。岩手山から八幡平までの山々を一度に望めます。

dsc_0203-1

茶臼岳山頂。岩手山、早池峰、姫神山がを一度に観ることができました。

dsc_0219-1

八幡平山頂にバスで戻り、皆でランチをした後、松川温泉に入り体を癒し、帰路へ。

家に着いたのは午後5時。いい秋の一日でした。

富士山登頂

7月24,25日一泊で、社長、菅野さん、佐々木さん、小原さん(大工棟梁)と富士山に登って来ました。

それがそれが、余りにも過酷で、しかも高山病と戦いながらの登山になったため、いつものような「楽しい」という感触はなかったです。

けれども、なにかを私は学んで来ました。それは…水の大切さ、食糧の大切さ、布団で眠れることの大切さ、トイレがあることの大切さ、風呂に入れることの大切さ、仲間の大切さ(一人では無理だった…)などなど… ふだん何気なく過ごしている日常の一つ一つのことが、ホントに全てがとても大切で感謝すべきことなんだ… ということを帰りのバスの中で感じていました。

「良かった」とか「楽しかった」という感触が、なぜないのだろう… と考えているうちにこんな想いになったのです。

震災のときもこうしたことは感じのですが、不思議なのは、その比ではないのです、たった二日なのに…

そんなセンチな山登りになりました。そんなことから、いざ終えてみると、あれは山登りではなかったのではないか… 不思議な二日間だった… なんていうことを今想ってます。

 

24日13:25 五合目 ここから登山スタートです。

DSC_0005s

15:30 登り初めました。六合目から山頂方向を撮影

DSC_0007s

17:10 七合目手前です。岩場が多くなってきました。

DSC_0009s

18;40 八合目から北西方向を撮影 既に雲の上にいました。

DSC_0016s

19:25 ようやく山小屋に到着しました。

DSC_0017s

山小屋の夕食です。

DSC_0019s

25日3時に山小屋を出て九合目手前で4:45 朝日と合いまって富士は赤かったです。

DSC_0024s

4:46 ご来光です。3000m超からの日の出は美しかったです。

DSC_0028s

7:30 山頂に到着。同行した山岳ガイドさんと握手しました。

DSC_0030s

こんな売店が数件ありました。

DSC_0031s

外人とのコミュニケーションは楽しいですね。

I:Excuse Me. May I take a picture?

You:OK.

I:chi-zu.

I:Thank you. Which Country?

You:Denmark.

I:So far.

You:Where are you from?

I:Iwate.

You:un…

I:In Japan. North.

You:OK.

I:Do you like Japan?

You:Yeah.

I:I like chyotto-kawatta foreigner.

You:un…

I:Thank you. Take care.

DSC_0040s

8:20 永遠に続く下山路

DSC_0043s