サスティナブルが流行りです

ある解体現場の光景。

このコンテナは木材専用、

こちらは金属専用、

木材に刺さっているビスを手作業で取っています。

かなり面倒な作業ですが、誰のためではなく、地球のため、未来の子供たちのために、この作業、しています。

そういう時代なんです、いまは。

R01.10.31

意識の高い人

スーパーで買い物をしていると、時々エコバックを使っている人を見掛けます。

こういう人は、社会全体に意識が高いのだろうなー、「卵も平飼い」のものを買うのだろうなー、なんて想像してしまいます。

写真は、私のエコバックです(^.^)

R01.10.26

今払うか、後で払うか、どちらを選びますか?

プラゴミとして分別するために、ヨーグルトの食べた後の殻などを洗っているといつも思うのですが、「洗わないでこのまま捨てた方がコストが掛からないよな~」と。どう考えても水代を考えると、洗って分別する方がコストが掛かるのです。けれども、今はそれが普通。なぜなら地球を子孫に残すため。

将来の地球の補修費のことを案じトータルコストを考えると、結局は水道代をその時々で掛けた方が安くなるんですね。

「コスト」って難しいというか実感がないかもしれませんが、見えないところでも掛かるものなんです。消費税も実は我々社会で暮らす中で生じたるコストですよね!見えないコストは他にもたくさんありますからね~

今払うか、後で払うか「どちらが得か」よくよく考えましょ!

下は当社の現場の写真です。

H30.8.31

 

出来るだけゴミを少なくしませんか? アマゾンさん

家に帰ったら大きな箱がAmazonから届いていました。
開けてみたら200グラムのコーヒーがポツリと寂しげに。
Amazonさん、かけがえのない地球のために、子供達のために、箱の大きさを、適切なものにしませんか。ゴミが増えるだけです。

H30.8.10

ラベルレスペットボトル

このペットボトル、ラベルを剥いだのではありません。この姿で売っているのです。こうしたペットボトル飲料が売られていることを皆さんご存じですか?

これはアサヒ飲料の「おいしい水 天然水」という商品ですが、もちろんラベルレスはケース売りのものに限ります。「必要な情報はケースに書いてあるから、一本一本には不要でしょう」という考えからの商品です。確かに不要ですよね、あのラベル。

そのなぜは各自調べていただくとして、これも社会の変化の兆しですね。どんどん変わっていきますよ~う、いろんなものが。

家も変わります。これから家を建てる方は、時代遅れの家を建てないよう勉強してくださいね~。50年使いますから家は。

H30.7.11