価格はいくらぐらいですか?高いのですか?

さっそく、前回のブログに「価格はいくらぐらいになりますか、高いのですか?」との問い合わせをいただきました。

建築基準法ではその法の意義を、第一条で「生命・健康・財産を守るため、地震や火災などに対する安全性及び敷地や周辺の良好な環境を確保するための基準を定るもの」と規定しています。

即ち家は生命・財産を守るものだと言っているわけです。直感的に言ってしまえば道交法と同じですね。家が生命と財産を守り、また奪ったことは熊本地震が実例として記憶に新しいです。

従いまして、値段が高いか低いかは、お施主様が家作りをどう考えるかによって変わってくるということになります。もしも法に間違いはなく家は生命と財産を守るものだとするのなら、守るように作る必要があって、それに掛かる費用は必然的な出費になります。こうした観点に立つと、値段・価格が高い低いは二次的な話であることが分かります。

先ずは三位一体設計を理解して、他と比較してどちらがいいのかを判断し、次に価格がどうなのかを考える、という順路をたどれば、それは等価交換であることが理解でき、価格オンリーから離れた家作りを、無意志のうちに始めることになるでしょう。つまり「値段」に頭が移行するのです。

正当な技術をお施主様に提供し、お施主は正当な対価を支払う。こうした考えが、結局はいい家を作ることにつながっていくのです。三位一体設計の価格は高いのではなく正当な値段なのです。

当社には、地盤調査や杭工事などの業者さんがよく営業にみえます。多くの方が理由もなく「がんばって安くします」と言ってきます。しかし、そう聞いた瞬間、私はお断りします。地盤調査や杭工事は「安い」という価格比較で行うものではないからです。怖い話です、生命と財産を守るものを安に安くするとは。がんばりどころがズレています。

なにはともあれ、家の対地震力や地盤に不安を持っておられる方、是非、わたくしまでお問い合わせください。三位一体設計の値段を十分に説明させていただきます。それが家作りの始まりです。

R01.09.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)