耐震等級3ってそんなに必要ですか

26年前、シビックを買ったときの話です。当時はまだまだ認知度の低いエアバックを、高価なオプションでしたが必要だと考えオーダーしました。すると営業マンは「エアバックを付けると納車に2ヶ月半掛かりますよ、なしでいいんじゃないですか、誰も付けませんよ、高価だし」と説得されたのを覚えています。が、私は「エアバックは近い将来標準になる必要な装備だから付けます」と切り返し、エアバック付きで契約し、シビックは約1ヶ月半後に納車されました。

先日、数年前に当社で家を建てた職人さんが私のブログを読んだそうで、「そんなに耐震等級3って大事ですか?」と質問をされました。彼の家も長期優良住宅で耐震等級3なのですが、大きな地震もなく平和な生活していれば、それはそれは、耐震等級3のありがたみは分からないはずです。

なので「熊本県益城町に行って、家が倒壊し、まだ避難生活をしている方や犠牲になられた方の家族に聞いてみれば分かるよ!」と話しました。

タマホームさんは当社と同じ9割の耐震等級3を誇るメーカーさんですが、熊本ではタマホームさんの家の損害率が非常に少ないとう報告から「タマホームは地震に強い家を作るんだ、さすが地元九州のメーカーだ」という話が知れ渡っているそうです。

大きな地震に会わず、日常生活をしていれば耐震等級3の実感はないと思います。確かに。しかし大きな地震に会ってからでは遅いので、当社では、耐震等級3を取得することを勧めています。

26年前にエアバックを付けたのは、正面衝突をして、顔をハンドルにぶつけ、失明した方のインタビュー(エアバックを推奨するものではありませんでしたが…)をテレビで観たことから、高価であっても付けたのです。

その偶然見ていたテレビの画像からリアリティをもって、その必要性を私は感じたのでした。

是非、益城町に行ってください。地震の怖さをリアルに感じることができると思います。

いまじゃ、エアバックのない乗用車を探す方が大変です。

命を守り奪うこともある車に、家はそういう意味で同じですよね。

R01.09.29

9月23日って分かるのかな

我が家の彼岸花、9月21日につぼみが膨らみ、23日に合わせて開花しました。そうそう、昨年も23日に咲いたのを覚えています。彼岸にピッタリだったので、驚いた記憶があるのです。

綺麗な花ですが、少し怖い綺麗さを感じませんか。

R01.09.26

日進月歩

多くのものがそうですが、住宅の性能も日進月歩が著しいのです。信じられませんが、25年以上前だと基礎に鉄筋が入っていない家もあるのです。

法律の改正によって、住宅の基礎にも鉄筋を入れなければならなくなったときは衝撃だったようですが、今はその鉄筋が進化をして、その当初とは全然違うものになっています。

なぜ進化するのでしょうか… それは、とりもなおさず、家が人の命を奪い、怪我をさせた過去があるからに他なりません。

なので、日夜、進歩をしているのです。自動車に似てませんか家って!?

下記の画像は私が通っている「構造塾」の先月講座の様子です。基礎の設計の講座でした。

R01.09.23

価格はいくらぐらいですか?高いのですか?

さっそく、前回のブログに「価格はいくらぐらいになりますか、高いのですか?」との問い合わせをいただきました。

建築基準法ではその法の意義を、第一条で「生命・健康・財産を守るため、地震や火災などに対する安全性及び敷地や周辺の良好な環境を確保するための基準を定るもの」と規定しています。

即ち家は生命・財産を守るものだと言っているわけです。直感的に言ってしまえば道交法と同じですね。家が生命と財産を守り、また奪ったことは熊本地震が実例として記憶に新しいです。

従いまして、値段が高いか低いかは、お施主様が家作りをどう考えるかによって変わってくるということになります。もしも法に間違いはなく家は生命と財産を守るものだとするのなら、守るように作る必要があって、それに掛かる費用は必然的な出費になります。こうした観点に立つと、値段・価格が高い低いは二次的な話であることが分かります。

先ずは三位一体設計を理解して、他と比較してどちらがいいのかを判断し、次に価格がどうなのかを考える、という順路をたどれば、それは等価交換であることが理解でき、価格オンリーから離れた家作りを、無意志のうちに始めることになるでしょう。つまり「値段」に頭が移行するのです。

正当な技術をお施主様に提供し、お施主は正当な対価を支払う。こうした考えが、結局はいい家を作ることにつながっていくのです。三位一体設計の価格は高いのではなく正当な値段なのです。

当社には、地盤調査や杭工事などの業者さんがよく営業にみえます。多くの方が理由もなく「がんばって安くします」と言ってきます。しかし、そう聞いた瞬間、私はお断りします。地盤調査や杭工事は「安い」という価格比較で行うものではないからです。怖い話です、生命と財産を守るものを安に安くするとは。がんばりどころがズレています。

なにはともあれ、家の対地震力や地盤に不安を持っておられる方、是非、わたくしまでお問い合わせください。三位一体設計の値段を十分に説明させていただきます。それが家作りの始まりです。

R01.09.19

三位一体設計とは…その杭、大丈夫?

家を建てるにあたって、地盤の体力に不安を感じる方もいらっしゃると思いますが、打ち合わせをいていると意外にもスルーされるお施主様がいます。専門分野ですから「任せている」というのがお施主様の心理なのだと思いますが、前記事のように「お施主様として、よくよく調べる必要がある」事項だと私は思います。

もしもこれから家を建てる寸前で、地盤補強のために杭工事をしようとしている方は、是非その設計内容の根拠を明確してもらう必要があります。根拠がない場合は、安全側に考えて多くの杭を打っている可能性があります。念のために多くの杭を打つのです。これは、工事費を上げるという問題だけではなく、必要なところに杭を打っているのかという、そもそも論を検討しなくはならなくなります。

当社では、上物→基礎→杭という、家の荷重の流れ(軸力)を計算して、杭を打つ、即ち三位一体設計を行っています。なぜここに、これだけの杭を打つのかを計算し、根拠を示すことができます。是非、問い合わせください。

 

↓本年5月、三位一体設計を行った杭工事(岩手県金ケ崎町)

R01.09.11

 

 

今日は防災の日 改めて家の強さを考えよう

昨日は「防災の日」。全国で様々なイベントがあったようですが、なぜか今日、NHKラジオでその特集をやっていまして、その中で、防災住宅研究所の児玉猛治氏が「家は、このメーカーだから、この大工さんだから…というイメージで買ってはいけない、いろいろなことをよく調べてから買うべきだ」ということを話していました。雰囲気で買うものではない、といことだと思うのですが、正に同感です。

なぜなら、何度も申しあげますが、家は人の命を守るものだからです。そして時に家は、災害時の救援活動をも阻害する要因になるからなのです。すなわち、家の住人の命のみを守るのではなく、地域の救援活動をも守る重要なモノだからです。

熊本地震において、倒壊した建物が道路を塞ぎ、救援活動を停止させたという報告は、ネットでは流れていますが、私達業界関係者でさえ多くは知りません。メディアがそれを伝えないからです。将来の防災を計画するにあっては、重要な要素ですがなぜか問題として伝えていないです。

↓熊本地震で倒壊した家

上の画像を見るとよくわかりますが、倒壊した家が道路を塞いでいます。これでは救援活動ができません。いかに家を建てるという行為が責任のあることか、良くわかります。自らの命だけでなく他人の命にも関係する行為だということが、この画像は教えてくれます。

防災住宅に関して最近は、ネットではいろいろな意見が交わされています。ここで私如きも意見を言わせていただくと、この行為は、車の運転とほぼ一緒…従いまして「家を建てる方は免許を受けなければならない」という法律を作るべきだと思うこの頃です。

いずれうんちくはいいのですが、家をこれから建てる方、よくよくいろいろなこと(地盤・構造・温熱・トレイサなどたくさんの要素があります)を調べて買ってください。くれぐれも雰囲気で買ってはなりません。

R01.9.2

PS いい本を紹介します。是非読んでみてください。「巨大災害から命を守るのは家だ