24時間換気システムも変わりつつある

最近24時間換気システムの勉強をしています。

これまでから大きく変わってきていることは、その性能よりも、ダクトレスが増えているということです。ダクト(配管)と本体がないという、即ち形態がぜんぜんこれまでのものと違うものになってきているということです。

一年程前に、24時間換気システムの発祥の地、スエーデンでは、ダクトレスが主流になってきているとを耳にしました。こうした状況から日本もそうなってくると思います。

今年は当社でも二軒でこれを採用しました。メリット・デメリットがありますが、私はメリットの方が上回ると思います。興味のある方は是非お問い合わせください。

写真は、その操作パネルと換気口です。

H30.10.5

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)