食べ物にこだわっています vol.3

H30.6.1の「トレーサビリティー野菜」について、友人から「意味あるの?」「(値段が)高いでしょ?」と尋ねられました。よくぞ聞いてくれた!という気持ちです。

「トレーサビリティー」についてはwebで調べていただくとして、私は大いに意味があると考えているから、高価であってもあえて購入しています。このことは、健康のために、というよりはむしろ「購入するという行為」自体に意味があると考えています。

野菜に限らずトレーサ商品を購入するということは、これを応援する意味があります。すなわちいつかはトレーサが主流になってくれることを期待しているから、高価でも購入しているのです。

もしも将来トレーサが主流になれば、生産者は消費者則に立った生産をせねばならなくなるため、現在のような安値を無理やり捻りだす不当(※1)な生産と販売は姿を消していくでしょう。もちろんそうなれば商品の価格は高くなりますが、高くなるのではなく、今までの価格が安過ぎだったと私達消費者は気が付くはずです。

「購入するという行為自体に意味がある」とは、安値生産、安値販売を抑制する効果がある、ということなのです。

私を含め多くの消費者は、出来るだけ安いものを購入しようとしますが、そうした消費行為が、実は社会全体に歪を作り、不利益として、めぐりめぐって自分に返ってくる、というこに理解が進めば、高価ではなく対価だと考え得るものになるのです。

なぜかドレッシングから少々ダークな話に発展してきましたが、この話は次回で閉めますので、次回も我慢して読んでくださいね。

※1:「不当」とは広義な意味だし、人によって意味は異なりますが、ここでは私は①(食用の)薬品の多使用、②不均衡(アンフェアな)賃金による労働、③環境に負荷を掛けるもの、だと考えています。

↓トレーサビリティー木材

H30.6.15

食べ物にこだわっています Vol.2

フェアトレードという言葉をご存知でしょうか。

意味はwebで調べていただくとして、私は時々その活動を応援する目的で、フェアートレード商品を買っています。岩手県内のスーパーではほぼ置いていないので、もっぱら通販で買っています。私の購入金額などは大海の一滴なのですが、その一滴が集まれば、いつかは大海になると想い地道に買って食しています。一般の輸入品より値段は高いのですが、私はその大儀に意味を感じ喜んで対価を払っています。

日曜の午後を穏やかに過ごすために、フェアトレードコーヒーを淹れています。今年初のアイスコーヒーです。

H30.6.10

食べ物にこだわっています

私には食べないと決めている食べ物がいくつかあるのですが、市販のマーガリン・マヨネーズ・ドレッシング・ポテトチップスの四つがその代表です。何故って、これらには薬品が沢山使われているので、私の健康には良くないものだからです。

ですので、ドレッシングなどは自分で作るのでですが、意外に簡単に作ってしまいます。

先ずは、サラダにりんご酢を少々かけ、次にオリーブオイル、ヒハツ、石垣の塩、最後にバジルをかけ、完成です。実は市販のドレッシングも薬品を除けばだいたいこんなもので構成されいるんですよ。

できればボールにこれらを入れシャカシャカして、サラダにかければいいのですが、作る量が一人分ですから、こんな感じでぶっかけでいいのです(笑)

ところで、ここに出てくるものはバジルを除けば、すべてオーガニック食品で、野菜に至ってはトレーサビリティー野菜なんです。けっこう高価なのですが、こだわりがあるので、私は喜んでこれらに対価を払っています。

↓バジルを除いて他はオーガニックです

↓有機リンゴ酢(岐阜産)

↓エキストラバージンオリーブオイル(クロアチア産)

↓ヒハツ(インド産)

↓岩塩(石垣産)

↓バジル(どこ産だかわかりません(~_~;))

↓完成です。しかも野菜はトレーサビリティー野菜です。

H30.6.1