ZEHの実績報告を国交省へ提出しました

毎年度初めにZEHビルダー登録をしている工務店は国交省へ昨年度のZEHの実績を報告する決まりになっているため、昨日その報告書を郵送しました。

当社の昨年の目標値(一年間に新築で建てる全棟数におけるZEH棟数の割合)は20%で、実績は19%でした。1%僅かに及びませんでしたが、ほぼ満たしたといっていい数値です。これは10人中2名のお施主様がZEHを建てたことになりので、数年前に比べれば飛躍的に数値が伸びたと言えます。

数年前までは「そもそも家もCO2を排出すもの」、「家にも(車と同様に)燃費がある」、「暖かい家は健康にもいい」という、基本説明から入らなければならなかったのですが、最近はここは既にクリアーされたお客様が来店されます。数値の伸びはこの周知度にあると思っています。

さて、この提出した実績は国交省の出先機関からweb上で公表されるのですが、なぜにこのような実績報告を国交省は工務店にさせるのでしょうか… それは次回に書こうと思っています。

↓実績報告書の一部です

H30.2.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)