ZEHの実績報告を国交省へ提出しました

毎年度初めにZEHビルダー登録をしている工務店は国交省へ昨年度のZEHの実績を報告する決まりになっているため、昨日その報告書を郵送しました。

当社の昨年の目標値(一年間に新築で建てる全棟数におけるZEH棟数の割合)は20%で、実績は19%でした。1%僅かに及びませんでしたが、ほぼ満たしたといっていい数値です。これは10人中2名のお施主様がZEHを建てたことになりので、数年前に比べれば飛躍的に数値が伸びたと言えます。

数年前までは「そもそも家もCO2を排出すもの」、「家にも(車と同様に)燃費がある」、「暖かい家は健康にもいい」という、基本説明から入らなければならなかったのですが、最近はここは既にクリアーされたお客様が来店されます。数値の伸びはこの周知度にあると思っています。

さて、この提出した実績は国交省の出先機関からweb上で公表されるのですが、なぜにこのような実績報告を国交省は工務店にさせるのでしょうか… それは次回に書こうと思っています。

↓実績報告書の一部です

H30.2.27

綺麗に見えることが大切です

当社のグラスウール充填後の画像です。綺麗に見えますよね。グラスウールは隙間なく入れることがその性能を発揮するうえで重要な要素になります。隙間なくまた平滑に入れることでこのように綺麗に仕上がるのです。

手前味噌で恐れ入るのですが、当社の大工さんは本当に綺麗に充填しますね~。

H30.4.20

ハーブティーはブレンドがお勧め

日曜のゆっくりとした午後… 健康のために「ヘラディブ」というのハーブティーを時々飲むのですが、これがそんに実は美味しくないんです。なのでこれには私はルイボスティーをブレンドして飲みますね~。1:2ですから、正直ブレンドではなくルイボスストレートに近いのですが、それだけきつめの味がヘラディブはします。

ミント、カモミール、レモングラスなどのよく聞くハーブティーはストレートでも美味しいものばかりですが、ハーブティーにも沢山種類があって、しかし、良薬に限って苦いと同じで、ハーブティーも健康思考のものはあまり美味しくないので工夫が必要なんです~。

H30.4.15

長期優良住宅仕様ですよ~の嘘

長期優良住宅に対するよくある問い合わせの中で、一番多いのが「長期優良住宅仕様ですから(認定を取らなくても)大丈夫ですよ~」と他社に説明されたのですが…という問い合わせです。

もちろんこれは間違いであり嘘に他なりません。こうした説明をするビルダーさんは「耐震性能において壁量を1.5倍(建築基準法の必要壁量(地震の揺れに対抗しようとする壁のこと)の1.5倍の壁の強さ持っている)にしているから、耐震等級3と同等なので大丈夫」という考えを持っているようです。しかし、これは知識不足にからくる間違いです。長期優良住宅や性能評価をしたことのない工務店さんが陥りがちな間違いです。

耐震等級3は確かに壁量が1.5倍以上であることが求められます。しかし、加えて水平構面の耐震性能(2階の床の地震に対する強さ)も評価されて初めて「3」が認定されるのです。ここを知らないビルダーさんが「(壁量を1.5倍にしているから)長期優良住宅と同等仕様ですから大丈夫ですよ~」と言うのです。

下の動画をご覧ください。これは同じ壁量を持っているけれども水平構面の設計がされているものとされていないものの比較です。説明の余地はありません。住むならどっちがいいですか?

長期優良住宅の認定があって初めて長期優良住宅は長期優良住宅になるのです。

H30.4.6