暖かい空気は上昇する←熱の常識

一年程前に他社で新築されたという方から「基礎断熱だから暖かいと説明されたのですが寒いです。なぜでしょうか?」との相談が寄せられました。今年は寒いせいか、こうした相談が最近数件寄せられました。建ててもらった工務店さんに相談したが解決をみないとのことです…

状況は、基礎の外側に60mm位の断熱材が貼ってあって底面には断熱材が貼ってない、小屋裏にエアコンが一台ある、とのことでした。夏の冷房時期は問題ないのですが、「冬はエアコンを30℃にしても寒い」とのことです。地域は記されたいませんでした。

1.先ずは地域性から…

南北に長い日本、ここは抜きにしては説明できません。南と北では気候が大きく異なるからです。

こうした小屋裏や2階にエアコンを置くシステムは関東以南の温暖な地域によくあり、これはまさしく冷房主体の関東から西日本の温暖な地域の考え方になります。冷たい空気は重いため下降します。よってエアコンを小屋裏や2階に置と自然に冷たい空気が降下して家全体を容易に冷やすことができます。一方冬季はエアコンから発した上昇しようとする暖かい空気をダクトを通して1階床下まで強制的に下げるという非効率な方法を取ることになりますが、それでも日照のある温暖な地域であれば、なんとか家は温まるでしょう。このシステムは7年前に現に九州宮崎まで見学に行ったことがあり、夏の冷房時期重視のもので岩手には到底合わないものと判断できました。

熱の常識として、暖かい空気は軽いので上昇しますし、冷たい空気は重いので下降します。よって、これに従えば効率のいい省力化したシステムになるです。もしもご相談者が寒冷地域にお住まいなのであれば、冬の暖房時期を重視しなければなりませんので、その家のシステムはこの「熱の常識に逆らう」ことになり、エアコンからから発した上昇しようとする暖かい空気をダクトを通して1階床下まで強制的に下げなければなりません。するとエアコンはフル回転することになります。熱効率が悪いため、電気代は相当にかさむことになると予想できます。

従って、寒冷地で「(基礎断熱で)エアコン一台で」をやるときは、エアコンは床下に入れるのがベストということになるのです。このシステムは「西方設計」や「オーガニックスタジオ新潟」がそれで有名ですね。

床下にエアコンを入れるとダクトを通すことなく暖かい空気が直接床裏を温めるため、床面が暖かくなり床暖房と同じ効果が得られます。韓国のオンドルと一緒ですね。「頭寒足熱」という健康の原則にも従うことになり、居心地のいい家に自然になるのです。

↓当社では床下にエアコンを入れます(奥州S様邸)

2.基礎断熱の断熱について…

おおむね冬季でも日照のある温暖な地域であれば、基礎の外側に60mmの断熱材、底面にはなしで暖かい家になるのではないかと思います。

しかしここ岩手、寒冷地ではその厚さでは到底足りません。当社が基礎断熱を行うときは、断熱材の種類にもよりますが、基礎の外側内側合わて120mm以上、底面は50mm以上にしています。というよりこの数値は「長期優良住宅にするための基準」なので、これに従っているのです。

↓底面の全面に50mmの断熱材を敷いています(奥州S様邸)

↓基礎立ち上がり外側120mm+内側40mm=合計160mm(奥州S様邸)長期優良住宅の基準以上(※1)の厚さにしました

3.まとめ

温暖地域→エアコンは小屋裏や2階→冷房主体の考え(例えば静岡、広島、高知)

寒冷地域→エアコンは床下→暖房主体の考え(例えば岩手、青森)

どちらを取るか…ですね!冷静に考えてみてください!

※1 当社では、長期優良住宅の基準を住宅の性能の最近基準として捉えています。

H30.2.23

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)