地盤の耐力が不安な方へ→三位一体設計へ

家を建てるとき、その土地が地震に強いのかまた地盤沈下しないのか…不安は付き物ですよね。熊本地震以来、地盤の耐力に関する相談が多く寄せられています

地盤調査の結果、その土地(地盤)に耐力が不足していると判断された場合、一般に杭を支持層(耐力のある深い層)まで打ち込み基礎を支える工事を行います。これを「柱状改良」といいます。

多くのビルダーさんでは、経験値のみに頼りその杭の位置を決め打っています(一般には均等間隔に打つ)。ところが、建物は均一な荷重で地盤に接していませんし、それを受ける地盤もまた均一な耐力を持ってはいません。二階の載り方、瓦屋根、太陽光のあるなし、柱の位置などの諸条件で、地盤への荷重も平面の中で異なってくるのです。

こうした事実から、当社では、これらの条件を考慮して軸力(柱が基礎を押す力)を計算し、基礎の形状を設計し、そして杭を打つ位置を決めています。すなわち上物(建物)・基礎・杭の三位一体設計を行っているのです。従って杭の打つ位置は均等間隔になることはありません。

この設計は当社一社ではなく、こうしたことを専門とする業者(㈱ソイルペディア)さんと協力しながら行っています。下の画像は昨年宮古市内でそれを実践したときの様子です。

簡単にいうと、家のどこに大きな荷重が掛かるかを調べ、そこを重点的に補強するということが趣旨になります。「数打ちゃ当たる」では決してないのです。岩手県内では、私が知る限り、こうした三位一体設計を行うのは当社のみです。

地盤の耐力に不安な方、是非相談ください。家は生命と財産を守るものですから熟慮による熟慮が必要です

下の二枚の画像をご覧ください。杭頭が等間隔ではなくバラバラです。他のビルダーさんですと、ほぼ等間隔できれいに並んでいます。

H30.1.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)