H29を振り返って

セミナーに参加するとよく、「温熱環境と構造どっちが大事?」という話になります。どちらも大事だと私は思っていますが、比べるなら、構造が大事だと思います。なぜなら、構造は生命と財産を直接的に守るものですから、ウエートの比重は重いと考えるからです。温熱環境は健康と生命に関わりますが、それは間接的です。なので、今年は構造塾に入り、地盤から杭、基礎、そして屋根の構造まで、構造の基礎を学びました。奥深いものでありました。

ただただ、今年目立ったのはZEHであることは確かですね。当社では今年は認定を受けたもので3件建てました。来年はもっと増えるでしょうね。顧客のニーズがそうなってきていますからね。

これから家を建てる方、ZEHにしてください。いま30年後の基準を満たす家を建てないと大損しますよ。その訳はお問い合わせかご来社ください。お待ちしています。

では、よい年をお迎えください。

H30.12.30

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)