雨押え、着いていますか?

雨押えっていう部材、ご存じですか?

これは、屋根と外壁の間に着く部材です。雨が外壁に染み上がっていくことを防ぐ目的で着けるのですが、着いていない家がたくさんありますね…見ていると。外壁を長持ちさせるという意味で、これは重要な役目を持つ部材です。

貴殿のお家に、着いていますか?

屋根と外壁の間に水平にスーと伸びている部材が「雨押え」です。

H29.6.26

基礎は基礎です

基礎について最近問い合わせが増えています。先日の投稿のせいでしょうか。

今日は当社の基礎をお見せします。これから家を建てようとしている方、是非他社と比較してみてください。

人通口の補強筋

人通口を上から見たところ

人通口全景

 

今日は人通口の補強筋をお見せしました。

これだけの補強筋、入っていますか…

なんでも基礎大事、基礎こそ家の基礎なのです。

H29.6.10

 

 

グラスウールっていいの

先日、新築を計画しているという方から「グラスウールっていいのか」という問い合わせをいただきました。

ポリスチレンフォーム系、発泡ウレタン系、フェノール系、グラスウール、セルロズ系、グラスウールなどがありますが、この中でグラスウールが一番いいと考えて、当社では使っています。

その理由は、水分に影響されずに水分を外気に容易に出せるという特徴があるからです。セルローズもほぼ同じ特徴を持ちますが、水分をもしも大量に含んでしまうと、乾燥に時間がかかるということを考慮すると、グラスウールが勝っていると考えています。

「絶対に水分を含むことがない施工ができる」なら、グラスウール以外の断熱材もいいのですが、なんせ水は思わぬいたずらをしますので…

詳しくは http://chidacom.exblog.jp/12156521/ に行ってくださいね。

下は当社の現場の写真です。

H29.6.3