断熱性能は大工さんの腕次第

下の写真の箇所は、実は大工さんの腕の見せ所なんです。

付加断熱を行う場合でその外壁にこのように屋根が載るケースでは、透湿防水シートと屋根材の下に来るアスファルトルーフィングとタルキ掛けが複雑に交錯しながら成り立ちます。

複雑であるがゆえに、正確に間違いなく施工しなければ 、せっかくの付加断熱が死んでしまいます。高性能な断熱材と高性能な透湿防水シートを使っても、その構成が間違っていれば、意味をなさいないということですね。

高級食材をふんだんに使ったからといって、料理が美味しくなるとは限らないですよね。

この写真は当社の今年二件目の奥州のZEHの現場です。これからはZEHが普通になっていきますから、大工さんの腕の見せ所が増えるんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です