寒さの感じ方

私の机の横で、冬になると毎年こうして窓ガラスの表面温度を計っています。

ところで、寒いと感じる時多くの方々は、「冷気が来る」あるいは「冷気に当たる」から寒むく感じると思っていますよね。実はそれは間違い(逆)なんです。「冷気に自分の熱が奪われる」から寒いと感じるんです。熱の流れは「体→外」なんです。冷気も実は熱なんです。

だから、体と窓ガラスの間に一工夫してやると寒さを和らげることができるのです。

ブラインドでもヒーターでも、熱の流れを遮断する何かを置くと、ぜんぜん違うものなのです。他に沢山方法はあります。参考にしてみてください。

H31.1.16

紅茶は難しい

12月23日日本の祝日。しかし世は誰もがキリスト生誕を祝うクリスマスで一色。我が家もそれに無意識に(私のみ意識しているけど)便乗… 赤信号横断歩道は皆で渡れ~いだ!

で、ケーキを食べる我が家では、紅茶を入れる係はもちろん私。例に漏れずオーガニック紅茶を入れました。コーヒー、緑茶などなど、数あるお茶の中で一番おいしく入れるのが難しいのが紅茶です。

100℃のお湯でいいのですが、唯一の方法は早めに茶葉を取ることだと思います。美味しい紅茶はハマるとハマりますよ~う。

H30.12.26

12月2日の出来事

社用車のプリウスが12月2日に、走行距離が222,222kmになりました。

製造時・リサイクル時CO2排出量が一般車よりも高いので、10年以内これくらい走れば、プリウスの意味が出で来るでしょうか。いろいろな情報がwebに出ていますね。何が正しい情報かは、個々がどう考えるか変わってくるものですが…

CO2排出量をトータルで考えた12月2日でした。

感謝の帰り道

心が温まることが時々ありますが、こんなに温まったことはめったにないです。

先日のことですが、ドアの故障で伺った大船渡のお客様から、帰り際にジュースとお団子をいただいたのです。袋を開けるとひとつ何か食べ物ではないものが入っていました。何か…それは「お手拭き」でした。

正直、一か月もお待たせしたのに、こんなおもてなしをいただいて、心から感謝の気持ちでいっぱいになった、大船渡の帰り道でした。

H30.11.17

 

24時間換気システムも変わりつつある

最近24時間換気システムの勉強をしています。

これまでから大きく変わってきていることは、その性能よりも、ダクトレスが増えているということです。ダクト(配管)と本体がないという、即ち形態がぜんぜんこれまでのものと違うものになってきているということです。

一年程前に、24時間換気システムの発祥の地、スエーデンでは、ダクトレスが主流になってきているとを耳にしました。こうした状況から日本もそうなってくると思います。

今年は当社でも二軒でこれを採用しました。メリット・デメリットがありますが、私はメリットの方が上回ると思います。興味のある方は是非お問い合わせください。

写真は、その操作パネルと換気口です。

H30.10.5

 

 

 

にらまれた

北上で大堤と言えば、白鳥の聖地。先日その接道を走っていたら、「止まれーい」と言わんばかりの眼差しで、横断中の白鳥さんに鋭い目線でにらまれました。「屋久島か!ここは⁉」

居残り組だと思いますが、、、待てよ、あんなに暑かった夏を過ごせるなら、シベリアに毎年帰らなくてもいいんじゃない。

そろそろ、たくさんの白鳥が飛来する季節がやってきますね。

H30.9.30

地震に強い家は壁が揃っている

9月12日、今年3回目の構造塾に行って来ました。この日の講座の課題は「地震に強い家の作り方」でした。

専門用語では「水平構面」、一般用語では「床の強さ」。これが地震に強いか弱いかを大きく左右すという講座でした。これについての詳細な説明はここでは割愛しますが、唯一ここで皆様に知っておいていただきたいことは、二階の壁と一階の壁をできるだけ揃えるという法則です。

これを行えば、二階の床に余計な荷重がかからないために、二階の床はその耐力を十分に発揮できることになり、地震に強い家ができるのです。

北海道でも地震が起きました。いつ大きな地震がどこに来るかわかりません。その時に備えて地震に強い家を作りたいものです。一生ものですからね。

当社に来社いただくと、もっと細かいことまでお教えいたします。是非!

H03.9.18

おはよう

花に声を掛けたくなること、ありませんか?

私は可愛い花、きれいな花を見るとつい「おはよう」とか「ありがとう」と心の中で言ってしまいます。それはペットのように、私を癒してくれるからです。

最近駐車場の場所が変わったのですが、そこにはアサガオ達がいます。毎朝私を満開で迎えてくれるアサガオ達に、今日も「おはよう」と声を掛けました。

H30.9.8

 

今払うか、後で払うか、どちらを選びますか?

プラゴミとして分別するために、ヨーグルトの食べた後の殻などを洗っているといつも思うのですが、「洗わないでこのまま捨てた方がコストが掛からないよな~」と。どう考えても水代を考えると、洗って分別する方がコストが掛かるのです。けれども、今はそれが普通。なぜなら地球を子孫に残すため。

将来の地球の補修費のことを案じトータルコストを考えると、結局は水道代をその時々で掛けた方が安くなるんですね。

「コスト」って難しいというか実感がないかもしれませんが、見えないところでも掛かるものなんです。消費税も実は我々社会で暮らす中で生じたるコストですよね!見えないコストは他にもたくさんありますからね~

今払うか、後で払うか「どちらが得か」よくよく考えましょ!

下は当社の現場の写真です。

H30.8.31

 

放置栽培野菜

無農薬・無化学肥料栽培、名付けて「自然放置栽培野菜」。ある農家さんから貰って来ました。

虫食いあり、曲がりあり、色悪しでスーパーには売れないそうです。でも、販売価格は農家直販で、スーパーの3倍だそうです。

農薬も化学肥料も規制が厳しく今後なるのだ、とその農家さんは言っていました。すると野菜は値上がりしていくのですよー。