会社行事「いものこ会」

 

先日、会社行事としまして「いものこ会」を開催しました。とは言っても、皆さまが思っているようなものではなく、社員みんなで昼食をするという小さなものです。会場に到着してビックリ!畳の上にテーブルと椅子が置いてあり、思っていたよりも豪華な昼食会となってしまいました…。僕は、何だか落ち着かない雰囲気だったので、次回からはもう少し低い姿勢での「いものこ会」にしたいな~と思いました。

一関国際ハーフマラソンに参加

 

9月17日、一関国際ハーフマラソン大会に参加しました。先月は、遠野ジンギスカンマラソン大会でして、12月のホノルルマラソン大会まで毎月何らかの大会に出場予定です。今月から40歳となりまして、初めて40代の部での出場でしたがハーフマラソンはさすがにしんどかったです。無事にゴールしましたが、その代償として下半身筋肉痛のため昨日からロボット歩きです。10月は、山形のつや姫ハーフマラソン大会なので今度こそちゃんと練習して大会に臨みたいと思います。

(※写真は遠野ジンギスカンマラソン大会の様子、黄色いTシャツが菅野さん)

リノベーション中の現場を紹介

 

現在施工中の大槌町吉里吉里のリノベーション現場を紹介します。リノベーション工事とは…新築の建替えとは違い、屋根と基礎、構造(柱や梁などの木部)を残して現在の部材、最新の設備で造り直す工事です。ゴミの軽減、予算の軽減が見込まれますが新築工事と違い、職人さんの技が無いと出来ません。

 

 

使える部材を活かし、新しい部材で補強・修繕し家全体を再生する。先進国でありながら、エネルギー自給率がたったの6%と低い日本には、エネルギーペイバックタイム(エネルギー回収年数)の考え方を無視できない状況です。

 

 

ちなみに「エネルギーペイバックタイム」とは、製品のライフサイクルにおいて投入される エネルギーを生産されるエネルギーで回収するために要する期間を意味します。したがって、どんなにエコに気を配って建替え工事をしても屋根・基礎・構造が再利用できるリノベーション工事には到底かないません。よって、考え方によっては「究極のエコ住宅」と言っても過言ではありません。

 

 

実は、建築業界で一番進歩した技術ってプレカット技術(構造の機械加工技術)で次に住宅設備なんです。肝心の職人さんの技術は、昔も今もたいして変わっていません。なかにはプレカット技術の進化により、逆に衰えている感も否めない職人もいます…。

 

 

まだまだ住宅のリノベーション工事においては、職人の技が必要です。どんな住宅も一年も経てば新築では無くなり、30年~40年後の将来はリノベーション工事、あるいは修繕・補修工事が必要となります。その時に、あなたの住宅の「かかりつけ医」が居なかったらどうしますか?2016年度、岩手県の新築工事の着工数は8000戸です。震災前は5000戸だったのに、たったの5年間ですごい伸び率です。この背景には、職人さんが増えてるというよりプレカット技術が進歩したという事が挙げられます。ここ最近においては、外壁までプレカットで加工されてます。

 

 

新築工事の会社は、プレカット技術の進歩と共にどんどん増えています。逆にリノベーション工事の会社は職人の高齢化と共に減少傾向にあります。皆さんが工事業者さんが増えているように思っているのは、残念ながら住宅設備の交換や屋根・外壁塗り替えなどの、修繕・補修工事の業者さんです。…今後は、自分の家の「かかりつけ医」という考え方を持って過ごされる事を皆さまにおススメしたいと思います。

今日は、北上市内で上棟式

 

本日は、りんご畑に面した分譲地内での上棟式でした。

 

 

現場内はキチンと整理整頓されて、気持ちの良い式となりました。

 

 

大工さんが墨を使って棟札を作成中。

 

 

四方固めの儀式も段取り良く行われました。

 

 

素敵なご夫婦と可愛い子供たちが私たち千田工務店を選んでくれて本当に感謝です。安全作業で引渡しまでしっかりと頑張りますので、今後とも宜しくお願い致しますね!

岩手が誇る南部鉄器の魅力

 

最近、南部鉄器の魅力にはまっています。元々、新築工事の完成引渡し記念品とか会社の30周年記念品とかには採用していましたが、実用的でもあり可愛らしくもある姿を拝見するたびに「出逢い」を感じてしまう今日この頃です。

 

 

私の知人が水沢で南部鉄器職人をしておりまして、かれこれ17年来の付き合いで自宅に訪問するたび作品を頂く仲でもあります。その職人さんが「東北STANDARD」という東北の誇る伝統工芸や伝統文化を紹介するHPに南部鉄器職人として映っているのを偶然見つけまして、全然関係のない私が何だか誇らしく思ってしまいました。最近は炊飯ジャーなんかにも採用されて、ますます南部鉄器の魅力に目が離せなくなってます!

JAHBnet全国大会に参加。

 

JAHBnet全国大会に参加しました。今年は、新入社員2名にも全国の優良工務店の皆さんから良い刺激を受けさせようと思いまして新入社員の上司と共に参加してもらいました。

 

 

全国の優良工務店が一堂に集まる年に一度の全国大会は私にとってもとても貴重な場でもあります。

 

 

当社も「ビルダー経営優秀賞」を頂きました。ありがとうございます!

 

 

表彰式のあとは、ディスカッションや懇親会もあり懐かしいメンバー達との再会に歓喜してしまいました。

 

 

会場からはスカイツリーが見え、東京に来たぞ!って少しだけ優越感に浸りました。

 

 

急きょ、二次会にも参加しまして楽しい時間を過ごすことが出来ました。また、来年も元気で参加出来たらと思います!

「はぴぽけフェステバル2017」が無事に終了。

 

毎年行われている「はぴぽけフェステバル」が今年も無事に終了しました。今年は途中から雨に見舞われましたが、子供たちは真剣な表情で作品づくりに没頭し、たくさんの笑顔と思い出をつくっていただきました。

 

 

今年も産業技術短期大学の建築科の生徒8名にお手伝い頂きました。

 

 

皆さん、真剣な表情で作品を丁寧に仕上げておりました。

 

 

作品の一部を紹介します。

 

 

それぞれ力作です。

 

 

午前中は雨が降っていませんでしたので、スイカ割り×2を行いました。午後より雨が降ってきたのでスイカバイキングに変わりました。ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。来年も行う予定ですので、ご参加の方をお待ちいたしております。

リフォーム産業フェア2017を視察

 

今年で20回を数えるリフォーム産業フェアを視察してきました。

 

 

こちらはモルタル造形のパフォーマンスです。2日間に渡ってリアルな石積みの壁面を完成させました。

 

 

古材を使用して家具や建材を作成する職人ブースです。1点もの世界観は心を動かされました。

 

 

LED照明が普及する中、アナログな照明は癒される空間でした。

 

 

コンセントの色々。

 

 

手描きパースの実演コーナー。

 

 

今回の視察研修のメインテーマでもあるセミナーはとても有意義な時間でした。早速実践で活かせるものは活かしたいと思います。

Good Living フォーラム2017に参加

 

LIXILの「Good Living フォーラム2017」に参加しました。今年は、いい住まい・いい暮らしを考える、というテーマで健康住宅の第一人者である星旦二さん(首都大学東京名誉教授)の講演がありました。星さんの講演は過去に2回ほど参加していますが、改めて寒冷地岩手の断熱リフォームの必要性を感じました。今後とも住宅業界は、課題が山積みですが一つ一つ勉強して精進して行きたいと思います。