太陽光発電の「2019年問題」について

固定価格買取制度が終了する通称「2019年問題」。2019年11月には約53万世帯(200万kw分)の買取期限が切れるという。2009年以前に売電を始めた家庭は、1kwあたり48円で買取られていたが、期限が終了した2019年11月以降は大幅に低下する見込み。現在、買取価格は1kw10円前後と予測されているが未だに確かな情報はない。

 

 

実際のところ、買取期限が切れる時にはどうなるのだろう?

余剰電力の買取契約は自動更新されないため、11年目以降は自ら買取り先を選択し買い取ってもらうことになる。また、電力単価の低下は、売電より自家消費を選ぶ需要を増やすだろう。加えて今後は、蓄電池のコストダウンなど、自立的な発電効率の向上を図る必要もある。国はFITの期間が切れる10年後の具体策を示せていない。北上市においては、メガソーラーの売電収益を蓄電池設置のための補助金に充てる計画を立てている。今後、最新情報があればお伝えしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)