ベランダからの花火

 

8月5日(日)開始時間は20分ほど遅れてではありましたが、予定通り花火が打上げられました。雨のせいで、花巻空港の飛行機が遅れたためというウワサもありますがとりあえず無事に観る事ができたので良かったです。花火が雨の影響はあまり受けないというのは、花火自体に固体の酸素が含まれていて酸素が無い空間においても自給自足できるからだそうです。今年は小雨のおかげで煙が少なく、キレイな花火が見ることができました。

 

 

毎年毎年、花火をキレイに撮る事ができず今年は様々なモードで撮影してみました。花火モードでは、花火しか写らず断念。また、フラッシュの使用は自然な写真にならず断念。ということで、花火と夜景も両方映る夜景モードが個人的にはベストでした。

ベランダで花火を観るために家を設計した甲斐があり、毎年毎年夏の風物詩として楽しむことが出来ております。一関の実家にいた時は街まで遠かったので、家族でドライブがてら山の上にある公園に行きチラッと見える花火を楽しんだものでした。日本人で生まれた以上は、何歳になっても花火と芋屋さんには自然と足が向いてしまうんだなってしみじみと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)