LIXIL 住まいStudioに視察研修

 

LIXILが3億円かけて造った体感施設、住まいStudioに視察に行ってきました。気温0度の巨大冷凍庫なみの空間に3件の違う性能の住宅を造り実際に5感で体感してもらうという素晴らしい施設です。

 

 

担当の方に説明をしていただき、実際に昭和55年基準の家、平成28年基準の家、未来基準(理想)の家、の順番で体感していきます。

 

 

それぞれ同じエアコンで20度設定にした場合の室内温度だけでなく、体感温度の比較も実体験できます。

 

 

昔と今の窓の仕組みがだいぶ進化したことも実体験により腹落ちしました。

 

 

3つの部屋を比較し、お客様へ実体験をもとに話せる自信にも繋がりました。

 

 

外から見ても3件の住宅の違いはそれほどわかりません。

 

 

断面で見ると35年間で日本の住宅がいかに進化したのか一目瞭然です。

 

 

せっかくなので東京ショールームの見学もしました。

 

 

蛇口もこれだけあれば迷ってしまいます…。

 

 

無印良品のデザイナーとコラボしたキッチンだそうです。

 

 

なかなか見る事の出来ないものを視察できた貴重な時間でした。この経験を今後の仕事にも活かして行きたいと思います。対応して頂いたLIXIL担当者の皆さん本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)