Panasonicの視察研修

 

21日、Panasonicの東京ショールームへ視察研修に行ってまいりました。

 

 

入口付近に最新Lクラスキッチンがどーんと設置されていて、ヨーロッパにも負けないデザインに感動してしまいました。

 

 

テーブルなのかIHなのか、日本を代表する最先端技術が詰まった商品と言えます。残念ながら、まだ岩手では見ることができません。ちなみに、定価は470万円くらいだったと思います。

 

 

続いて、入口付近にあった洗面化粧台です。完全に奥様仕様となっています。女の子が憧れる「りかちゃんハウス」みたいな感じでした。寝室に置く人もいるようです。

 

 

引き出しを開けると、こんな感じ。男らしいものは1つも入りません…(笑)

 

 

更にリフォームに特化したフロアでは、同じ場所にいて全ての業務が可能なコの字型キッチンとか、アイデア商品も目白押しでした。

 

 

洗濯物干し問題を解消する商品も良く目に付きました。それぞれの生活スタイルに合わせて選べる時代になったという事ですね。

 

 

宅配BOXです。郵便ポストと表札と外灯と合わせて設置することも出来ます。新築時に設置してしまうのが割安ですが、後設置も可能です。

 

 

今話題の豊洲にあるスマートハウジングにも立ち寄りました。

 

こちらは、パナホームではなくてパナソニックの商品を実物大で提案するショールームです。単体で見るよりも実際に使用されているものを見た方が納得いきますからね。

 

 

パナソニック製品を使った空間提案をコンセプトを持ってプレゼンして頂きました。

 

 

他にも、大空間を可能にした構造体テクノストラクチャーの説明や、

 

 

ZEHについての視察、

 

 

普段の業務ではなかなか味わえない住宅の可能性について語り合う事ができました。

 

 

やっぱり、東京も冬は寒いです、岩手はもっと寒いです。早く寒さになれて「今日は、プラスの気温だばあったげじゃ!」って言えるようになりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)