地球温暖化対策計画、家庭部門は66%削減!

 

菅総理が2030年度までに温室効果ガス(CO2)削減目標を46%に引き上げたのは記憶に新しいと思いますが、私たちの生活にどのように影響がでるかはこれから決めていく事になります。

 

 

先日、発表された対策計画として家庭部門(一般住宅)に課せられた目標はなんと2013年度比66%削減という数字です。これからの新築はもとより、これまで建てられた既存住宅も省エネ化していかないと追いつかない数字となり、あと9年しかない期限に対しての対応を注視していく必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)