群馬県前橋にてエアムーブ工法の体感視察

 

以前からずっと行きたいと思っていて実現できずにいた体感視察に、この度ようやく行くことができました。

 

 

建物の快適性を考えた時に断熱気密だけでなくパッシブ的な要素も必要になってくるのですが、思いとは裏腹になかなかしっくり来るものがなかったのですが自分が求めるもののヒントが今回の視察現場でようやく見つけました。

 

 

パッシブの考え方として、自然の恵みを活かして快適環境を造る事が最優先ということが上げられます。ビルなどの快適さは高性能エアコンなどの最新機器が最優先になりがちですが、実はその真逆の地味なアナログ技術で成り立っているのがパッシブだと学びました。

 

 

あまり多くの事は話せませんが、今回はかなり多くの事を学ばせていただきました。新築だけでなく、リフォームにも活かせる技術でもあるので岩手の気候にも適応させた新技術で新商品を完成させたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)