かなりヤバイ!日本の空き家問題

 

日本の空き家がヤバイ事になっている。少子化と高齢化が問題視されているにも関わらず量産住宅(建売住宅やローコスト住宅)が増え続け、どんどん空き家が増え続けている事はご存知の事と思います。2018年度における国土交通省の統計では、総住宅戸数のうち13,6%(846万戸)が空き家となっており、その内の376万戸が賃貸や中古物件でもない言わばほったらかしの空き家だそうです。

 

 

誰も管理していない「空き家」や「空き地」が多くなるとゴーストタウンとなり、犯罪の温床になってしまいます。それでは、いったい誰が問題を解決するのか?お金も掛かるし、持ち主を探すのも一苦労です…誰もが目を背けたくなる話ですが、問題の先送りをしていても誰も解決してくれません。役場も「個人情報の問題ですので…」「そこに税金を使う事は不平等となってしまうので…」という真っ当な理由で相手にしてくれません。結局、地場の工務店が相談窓口となり解決していくしかないという結論に至りました。現在、北上市はアパート建築ラッシュに街ぐるみで熱を帯びておりますが、千田工務店は地域工務店らしく地味に「空き家問題」に本気で取り組む決意を固めました。応援してくれる方、一緒にがんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)