2017年度、家庭部門のCO2排出実態統計調査を公表

 

2017年度1年間にわたる約1万世帯への家庭のCO2排出量データが公表されました。今回の調査結果では、電気・ガス・灯油を合計した年間の世帯当たりCO2排出量は3,30二酸化炭素トンで、そのうち電気の使用に伴う排出が68,2%、都市ガスが13,0%、LPガスが5,5%、灯油が13,0%を占めています。また、エネルギーへの年間支払い金額の平均は、17,1万円となりました。

このうち、二重サッシまたは複層ガラスが全ての窓にある世帯は23%、一部の窓にある世帯は15%となっています。このうち、一戸建て住宅における用途別で見た場合、暖房エネルギー消費量については、24%もの差が生じるとしています。

日本では、2020年以降の温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定が2015年に採択したことを受け、地球温暖化対策計画において、2030年度の温室効果ガ総排出量については、2013年度比で26%削減することが目標として掲げられています。このうち、家庭部門では約4割を削減することが目安とされており、環境省・経済産業省・国土交通省の3省で連携した取組みとして、経済的で快適・健康的な低炭素な暮らしを今後も引き続き進められていくことと思います。

金ヶ崎で盛大に「上棟式&餅まき」

 

今日は、金ヶ崎で上棟式&餅まきが開催されました。現場の周囲が田んぼなので、千田工務店の看板シートが良く目立ってたくさんの近隣の方々、友人が駆けつけてくれました。参加者の中にOB施主様もいらっしゃいまして、お客様同士の繋がりと必然的なご縁に感謝し、そんな仕事に長く携わることができて本当に幸せ者だと心から思いました。今日は、本当におめでとうございました(^^)