Panasonicの視察研修

 

21日、Panasonicの東京ショールームへ視察研修に行ってまいりました。

 

 

入口付近に最新Lクラスキッチンがどーんと設置されていて、ヨーロッパにも負けないデザインに感動してしまいました。

 

 

テーブルなのかIHなのか、日本を代表する最先端技術が詰まった商品と言えます。残念ながら、まだ岩手では見ることができません。ちなみに、定価は470万円くらいだったと思います。

 

 

続いて、入口付近にあった洗面化粧台です。完全に奥様仕様となっています。女の子が憧れる「りかちゃんハウス」みたいな感じでした。寝室に置く人もいるようです。

 

 

引き出しを開けると、こんな感じ。男らしいものは1つも入りません…(笑)

 

 

更にリフォームに特化したフロアでは、同じ場所にいて全ての業務が可能なコの字型キッチンとか、アイデア商品も目白押しでした。

 

 

洗濯物干し問題を解消する商品も良く目に付きました。それぞれの生活スタイルに合わせて選べる時代になったという事ですね。

 

 

宅配BOXです。郵便ポストと表札と外灯と合わせて設置することも出来ます。新築時に設置してしまうのが割安ですが、後設置も可能です。

 

 

今話題の豊洲にあるスマートハウジングにも立ち寄りました。

 

こちらは、パナホームではなくてパナソニックの商品を実物大で提案するショールームです。単体で見るよりも実際に使用されているものを見た方が納得いきますからね。

 

 

パナソニック製品を使った空間提案をコンセプトを持ってプレゼンして頂きました。

 

 

他にも、大空間を可能にした構造体テクノストラクチャーの説明や、

 

 

ZEHについての視察、

 

 

普段の業務ではなかなか味わえない住宅の可能性について語り合う事ができました。

 

 

やっぱり、東京も冬は寒いです、岩手はもっと寒いです。早く寒さになれて「今日は、プラスの気温だばあったげじゃ!」って言えるようになりたいです。

岩手県が脳卒中死亡率全国ワースト1位

 

病院にこのようなポスターが掲示してありました。脳卒中死亡率が全国ワースト1位とのこと。何と不名誉なことでしょう!そう言われてみると、他の県に比べて岩手県は外を歩いている人が少ないような…。ちょっとした用事でも自家用車に乗ってしまう県民性が運動不足=脳卒中につながっている気がします。この際に愛犬でも飼って毎朝散歩することで脳卒中予防しましょう(^^)

大規模リノベーション工事現場引渡し

 

11月19日、大槌町吉里吉里にて大規模リノベーション工事の引渡しが行われました。大規模リノベーションとは、躯体(柱と基礎)を残して解体し再度新築工事と同じようにやり直す工事のことです。主要な柱をいじらなければ間取りも変える事が出来るので、今まで不便を感じていた所を劇的に改善する事ができます。

 

 

北側からの様子。360度、見た目は新築現場と変わりません。

 

 

リノベーション工事のメリットは、今までの住宅(構造体)を活かすという事に尽きます。日本の住宅の平均寿命は26年と言われております。私たちの身の回りにおいても、スクラップ&ビルド(建替え)が当たり前に行われていてリノベーション工事現場なんてまず見る機会もありませんね。

 

 

高度経済成長により一家族に一軒の住宅戸数はすでに達成し、逆に世帯数を追い越し空き家がドンドン増えているのが現状です。新しい住宅は、重要な躯体部分において機械プレカットという技術で半分の仕事が出来てしまいます。しかし、リノベーション工事においては1から100まで職人さんの技術により完成させないといけません。

 

 

新築工事が出来る職人は量産できます。北海道旭川市にある住宅会社カワムラでは、新築住宅の部材全てプレカット機械においてカットされたものを現場で組み立てて住宅が完成します。職人は全て自社の職業訓練校で組み立て技術を学んだ者が行います。

 

 

近い将来、住宅の新築は全てプレカット機械にて行う事になるでしょう。しかし、リノベーション工事はそうはいきません。新築よりも手間が掛かり、頭も使い、予定工期よりも長いと怒られる事もしばしばあります。それでも、やり続けなければ技術の継承、技の継承、が出来なくなり、皆さんの住宅を直せる職人がいなくなります。

 

 

新築工事、修繕工事(設備の交換、塗替え工事)を行うことの出来る会社は山のようにいます。しかし、リノベーション工事が出来る会社ってどのくらいいるのでしょうか?新築を建てる会社のほとんどはリノベーション工事をやりません、と言うか出来ません…。工業化が進みすぎて職人の技術の継承が追いついていないのです。

 

 

地球温暖化問題、エネルギー問題、この2つを解決することが国の最優先課題となっています。私たちの将来をも左右しかねない今の状況を真剣に考えなければならない時期に至っていることは確かです。いつの時代も教授や評論家は勝手な事を言いますが、私たち千田工務店は将来足りなくなるであろうリノベーション工事の技術者育成に全力を尽くして行こうと思っています。

 

 

我が社のリノベーション事業部メンバーです。やることはまだまだ山積状態ですが、日々精進しながらいつの日か必ず皆さまの役に立てる日が来ることを心待ちにしています。

 

ジャパンホームショー2017を視察

 

またまた、東京ビックサイトにやってきました。今回は、ジャパンホームショーを視察研修です。

 

 

他にも色々とイベントが開催されていました。

 

 

今回は、業者さん向けのイベントですので「こんなのあったら良いな」と思っている工務店と「こんな事やってます」という技術屋さん達が出会う意識高めの集まりです。

 

 

モノを販売するだけでなく、デモンストレーションなどのパフォーマンスもありました。やっぱり写真やパンフレットよりも、デモンストレーションの方がテンションもあがりましたね。とても良かったです!

 

 

様々な部材や商品などが実物大で体感できたので、満足のいく視察研修でした。

 

 

今回の視察研修にて住宅業界全体が大きく進化していることが分かり、我々も多くの情報が入り乱れている中で最善の選択をし、お客様に最善の提案が出来るように精進しなければならないと改めて思いました。

盛岡で新築・リフォームフェアが開催中!

 

11月11日(土)~12日(日)まで、盛岡タカヤアリーナにて新築・リフォームフェアが行われます。当社では、12日にバスツアーという形でお楽しみ「小岩井農場じんぎすかんパーティ」がてら独自イベントに仕立ててあります。なお今イベントは、招待状がないと豪華お土産がもらえないので直接参加される人はお手数ですが、一旦「北上にある千田工務店事務所」にお立ち寄り下さい。まだ招待状が余っていますので、無料で差し上げます!最新設備・建材が見られる今年最後のチャンスです。

「住宅最新設備・建材の見本市&小岩井農場でジンギスカン」バスツアーのお知らせ

 

11月12日(日)に千田工務店として恒例行事でもある1コインバスツアー(参加費500円)が開催されます。新築・リフォームの住宅設備、建材の見本市からの小岩井農場のジンギスカンという豪華な組み合わせ。店員は25名です、是非ともご家族・友人をお誘い合わせの上ご参加下さい!