イベントカレンダー

KENJA GLOBAL 千田工務店 千田忍


もちまきの様子をご紹介します


お手入れ教室

ハッピーポケット

お施主さんブログ

SOLA賢 ―Smart― 特設サイト

SOLA賢 ―Smart― 特設サイト
「光冷暖®」は石の癒の登録商標です

  • 千田工務店2代目日記

  • げんば監督日記

  • 長期優良ブログ

  • きまぐれにっき

  • 従業員Mのブログ

  • ピカピカ奮闘記

次の世代に財産として残せる家 国が認める「長期優良住宅」とは これまでの「古くなったら立て直す」日本の建築文化を見直し、次の世代へ財産として残競る家、長期にわたって快適に住むことの出来る、優良な住宅の為に国が定めた6つの規準。それらを満たす住宅が「長期優良住宅」です。

長期優良住宅ってどんな家? 永く安心して暮らせる家は住む人にも社会にも優しい家なんです。

2009年6月4日、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」という法律が施行されました。この法律では、「良質な住宅を建設し、大切に長く使っていく」ことを目指しています。

日本の住まいは寿命が短い!?

実は近現代の日本の住宅の寿命は世界一短いと言われていて平均たったの26年!せっかく家を建てても老後を迎える頃には「"建物"の価値」はなくなってしまう事がほとんどでした。

古くなった家の多くは建てかえていました。古くなった家は価値が下がり、次の世代へ「財産」としての住まいは残せなかったのです。

「住宅の価値が下がらない」こと
それは社会全体のメリット

これに対し、長寿命な住まいを実現すれば、資源を節約し、CO2の削減にもつながります。また、家そのものを価値のあるものとして売ることもでき、その資金で豊かな老後を楽しんだり、若い世代はリーズナブルな価格で買ったり借りたりすることも出来るようになります。

つまりライフスタイルによって、住まい方の選択肢が広がるわけです。これが長期優良住宅の考え方であり、そのために新たな法律ができたのです。

トップへ戻る

認定規準のポイント「長期優良住宅」6つの性能

これまでの家づくりのあり方を見直し、国では長持ちする住まいのポイントを6つも受けました。その規準を満たして認定された住宅が「長期優良住宅です。」
Img Architect1 2

SOLAシリーズは、6項目で最高等級

千田工務店の「SOLAシリーズ」は、品確法・住宅性能表示制度の主要6項目で最高等級。

たとえば「耐震等級(倒壊・損傷のしにくさ)」の最高等級規準は関東大震災並みの震度(震度6強〜7)の1.5倍に耐えられるレベルです。

 

トップへ戻る

長持ちするだけじゃない!長期優良住宅の大きなメリット

認定されると、税制・融資に於いて優遇

長期優良住宅長期優良住宅に認定されると、税制・融資において見逃せない大きなメリット優遇されます。

例えば下記の場合、

建築価格 2600万円
固定資産税評価額 1300万円
  (建築価格の約半分で試算)
住宅ローン(フラット35) 4000万円
  (土地取得費込みで試算)
所得税(年間) 50万円

約 314 万円もお得!

税制で約 92 万円、融資において約 222 万円、合計約 314 万円もお得!
千田工務店の「SOLA賢 -smart-」は、長期優良住宅の認定を受けることができます。

トップへ戻る